さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

金刀比羅宮

785段の石段をのぼれば「こんぴらさん、しあわせさん」

産地:
タグ:
編集:
  • LINE

香川県西部の象頭山(ぞうずさん)の中腹に鎮座する「金刀比羅宮」。ご祭神は大物主神(おおものぬしのかみ)と崇徳天皇で、古くから海の神さま、五穀豊穰・大漁祈願・商売繁盛などの神さまとして全国津々浦々より参拝者が集った。江戸時代には庶民の憧れの旅先で、今も「こんぴらさん」の通称で親しまれている。御本宮拝殿は、檜皮葺(ひわだぶき)の大社関棟造。すべて角材が用いられ一切弧をなしていないのが特徴。参道口から御本宮までは785段、奥社までは1,368段の石段があり、道中ではさまざまな史跡や文化財が。また裏参道では四季折々の自然を楽しむことができるので、帰途には裏参道がおすすめ。

幾段もの石段をのぼり、御本宮へ向かう。

幾段もの石段をのぼり、御本宮へ向かう

境内で唯一商いを許されている「五人百姓」は、飴を販売。

境内で唯一商いを許されている「五人百姓」は、飴を販売

本宮の北東側は展望台に。讃岐平野の彼方に瀬戸大橋や讃岐富士などを望むことができます。

本宮の北東側は展望台に。讃岐平野の彼方に瀬戸大橋や讃岐富士などを望むことができます

かつて当人に代わり飼い犬に「代参」させたというお話も。「こんぴら狗」と呼ばれていた。

かつて当人に代わり飼い犬に「代参」させたというお話も。「こんぴら狗」と呼ばれていた

「幸せの黄色いお守り」と「ミニこんぴら狗」のセット。

「幸せの黄色いお守り」と「ミニこんぴら狗」のセット

金刀比羅宮

所在地:香川県仲多度群琴平町892−1
TEL:0877-75-2121
URL : http://www.konpira.or.jp
営業時間:6:00〜18:00(10〜3月は〜17:00)
定休日:なし
駐車場:なし
(2017年4月現在)
タグ:
編集:
  • LINE
同じ産地の見どころ

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この見どころの産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る