さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

京都の工場見学でわかった、意外と知らない日本の“壁紙”事情

投稿日: 2019年4月9日
産地: 京都
編集:
  • LINE

壁紙ってどうやって作られるか、ご存知ですか?

壁紙の中でも表に生地を貼る「織物壁紙」のシェア日本一なのが、実は京都。

工場見学に行ったらその現場が本当にかっこよく、「そうだったのか!」がいっぱいだったので、ご紹介します。

いまや日本の壁紙のわずか1%。「織物壁紙」の産地へ

やってきたのは京都府木津川市。全国の「織物壁紙」の7割の生産量をしめる一大産地です。

「そうは言っても、日本で年間に使われる壁紙のうち、織物壁紙の割合はたったの1%ですからね」

取材に応じてくれたのは小嶋織物さん。この産地の代表的なメーカーです。

工場にあった趣ある看板。希望があれば一般の方の見学も受け入れています

工場にあった趣ある看板。希望があれば一般の方の見学も受け入れています

小嶋一社長

小嶋一社長

娘さんで企画開発を担当する小嶋恵理香さん

娘さんで企画開発を担当する小嶋恵理香さん

一大産地とはいえ小嶋さんの言うように、最近ではあまり見かけなくなっている織物壁紙。世の中の大半の住宅壁紙が、生産コストが低く施工しやすい、塩化ビニール製だそうです。

「でも、織物壁紙は表面に布を貼るからこそ、内装材にうってつけなんですよ」

これが織物壁紙。最近ではホテルや会議室などに使われることが多いそうです

これが織物壁紙。最近ではホテルや会議室などに使われることが多いそうです

実は、木津川はもともと「ある特徴」で日本一と称される織物の産地。そこに「内装材にうってつけ」の理由があるよう。

さっそく実際の現場を覗いてみましょう!

1 2
1⁄2
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る