さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

日本のおやつ職人・まっちんと行く、京都の厳選あんこ菓子巡り 「神馬堂」の焼き餅・「嘯月」の季節の和菓子・「とらや」のきんとん・「茶菓 円山」の創作菓子・「梅香堂」のホットケーキ

投稿日: 2018年12月11日
産地: 京都
  • LINE

「茶菓 円山」の創作菓子

円山公園内の「茶菓 円山」
円山公園内の「茶菓 円山」
円山公園内の「茶菓 円山」

王道の生菓子の次に、四軒目としては少し変化球。

私は初めて知った茶房ですが、円山公園内の「茶菓 円山」さんへ。「懐石料理に出させるような作りたてのお菓子を」がコンセプト。

確かに、戴いた「真葛羹」という胡麻豆腐の甘味も、「福蜜豆」という色々な豆の豆かんも、料理のような和菓子で、ここに来る前にだいぶ甘味で満たされたお腹にもするする入るあっさり味。

と言っても、もの足りない訳ではなく、素材の味や食感を活かしたオリジナルの甘味は非常に完成度が高かったです。

まっちんの作るお菓子とはジャンルは異なるものの、まっちんも、心で丁寧に作っていることや、真っ当な素材を使い最大限活かしていることに感心していました。自分のカラーで頑張っていることへの賞賛も。

こちらは空間も素敵で、急須もたくさんの中から選ばせてもらえる趣向に特に私が興奮していました。他のメニューも制覇したいです。

1 2 3 4 5
4⁄5
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る