さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

日本のおやつ職人・まっちんと行く、京都の厳選あんこ菓子巡り 「神馬堂」の焼き餅・「嘯月」の季節の和菓子・「とらや」のきんとん・「茶菓 円山」の創作菓子・「梅香堂」のホットケーキ

投稿日: 2018年12月11日
産地: 京都
  • LINE

「嘯月」の季節の生菓子

上生菓子の名店「嘯月」

二軒目は、上生菓子の名店「嘯月」さん。

京都のお茶席のお菓子として用いられ、特に「きんとんならここ」というご贔屓さんも多いそうです。私もいつか戴きたいと思っていて、ようやく叶いました。

完全予約制で、時間も正確にお伝えします。その時間から逆算して、作りたてをご用意頂けるのです。

上生菓子の名店「嘯月」のお菓子

季節の生菓子なので、その時々でお菓子は変わります。

今回は栗きんとんや薯蕷饅頭、菊など5種類のお菓子をご用意頂きました。見た目の美しさ、出来たての柔らかさ、みずみずしさに感動です。

上生菓子の名店「嘯月」のお菓子

まっちんは、特にあんこに対する考察が私のような素人とはレベルが違います。

私は甘さ控えめだなと思ったのですが、実はしっかり甘いけれどキレがあって口どけもよく、甘く感じさせないプロの仕事を感じ取っていました。ストイックにその道を追求し、突き詰めた感じが伝わると。

もはや専門過ぎますが、小豆の色が濃いけれど渋みがなく、まっちんのあんこは雑味を含めて味わうあんこなので真逆なのだそうです。

茶席で食べてこそ完成するお菓子に、どのように作っているのか?と頭をひねるまっちんでした。

1 2 3 4 5
2⁄5
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る