さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
フィリップ・ワイズベッカーの郷土玩具十二支めぐり

フィリップ・ワイズベッカーが旅する ミステリアスな熊本の「木の葉猿」を求めて

投稿日: 2018年7月3日
産地: 熊本
  • LINE

日本全国の郷土玩具のつくり手を、フランス人アーティスト、フィリップ・ワイズベッカーがめぐる連載「フィリップ・ワイズベッカーの郷土玩具十二支めぐり」。

連載9回目は申年にちなんで「木の葉猿(このはざる)」を求め、熊本にある「木の葉猿窯元」を訪ねました。それでは早速、ワイズベッカーさんのエッセイを、どうぞ。

──────────────────────────────────────

熊本の木葉猿窯元

これが、熊本の小さな猿の先祖だ。

元は、奈良から来たものだという者もいるが、それは奈良にあった岩の形に似ているからだという。しかし他の者は、起源はもっともっと遠い昔、太平洋のどこかから来たという。

ミステリーだ。これは、今回の旅で出会った中でも、格別に奇妙で驚かされる郷土玩具だ。

熊本の木葉猿窯元

ここから訪問がはじまる!

熊本の木葉猿窯元

この紙垂(しで)を通り抜けたら、他の、普遍の世界に行けるような気がする。早く入りたい。

熊本の木葉猿窯元

門を抜けたら期待どおりだった。これほど素晴らしいコンポジションを、いったい誰がつくれるだろう?もちろん偶然だけだ!

このアナーキーなフォルム、マチエール、そして色彩が、時とともに、見境なしに集積してきたのだろう。

熊本の木葉猿窯元

これも幸せな偶然なのだろう。幻のような不思議で小さな生き物のなかに、死んでしまった古い電球が、錆びたテーブルの上に横たわっている。

熊本の木葉猿窯元

他所で出会った職人とは違い、ここでは型を使わない。手でひとつづつ、形をつくるのだ。

たとえ、そっくりに見えたとしても、同じものは2つとないし、それは見ていて感じられる。

熊本の木葉猿窯元

この、どこからきたのかわからない仮面に、どんな眼差しが隠されているのか?私は知りたい。

熊本の木葉猿窯元

空に向かった眼差しは、いったい何を見ているのだろう。私には見えないが。

熊本の木葉猿窯元

見ざる、言わざる、聞かざる。多くの謎がこの不思議な猿たちに宿っている。

熊本の木葉猿窯元

物陰の敷物だけに耳を貸し、わずかな物音にも耳を澄ましている。

熊本の木葉猿窯元

外では対照的に、人類のたてるゴチャゴチャを見ず、聞かない。

熊本の木葉猿窯元

猿の国の奇妙な旅は終わろうとしている。この上ない幸福の祈りを得た後、私たちの世界に戻る。そこは、意味のないことをしゃべり、ちゃんと見つめることもないものが目に映り、都合のいいことだけを聞く世界なのだ。

──

文・デッサン:フィリップ・ワイズベッカー
写真:フィリップ・ワイズベッカー
翻訳:貴田奈津子


Philippe WEISBECKER (フィリップ・ワイズベッカー)
1942年生まれ。パリとバルセロナを拠点にするアーティスト。JR東日本、とらやなどの日本の広告や書籍の挿画も数多く手がける。2016年には、中川政七商店の「motta」コラボハンカチで奈良モチーフのデッサンを手がけた。作品集に『HAND TOOLS』ほか多数。
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る