さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

甘い物好きなら、わざわざ訪れたい三重のケーキ店 辻口シェフが手がける コンフィチュールアッシュ(三重県菰野町)

投稿日: 2018年10月9日
産地:
タグ:
編集:
  • LINE

辻口博啓さんといえば、スイーツ好きはもちろん、そうでなくても名前を知っている人は多いのでは。そう、洋菓子の世界大会で数々の優勝経験を持つ、日本を代表するパティシエ、ショコラティエです。

その辻口パティシエが手がける店舗のひとつ「コンフィチュールアッシュ」が、2012年、もともと店を構えていた東京・世田谷から三重県菰野町へと移転オープンしました。

世界レベルのスイーツが菰野町で味わえるとは!
さっそく足を運んできました。

三重のアクアイグニス
アクアイグニスのコンフィチュールアッシュ

「癒し」と「食」をテーマにした複合温泉リゾート施設「アクアイグニス」内にあります

三重のアクアイグニス コンフィチュールアッシュ

近代的な建築も見ごたえたっぷり!

代表作の「セラヴィ」のほか、コンフィチュールアッシュオリジナルのケーキ

三重アクアイグニスのコンフィチュールアッシュ セラヴィ

「コンフィチュールアッシュ」に足を踏み入れると、ショーケースに色とりどりのケーキがずらり。中でも辻口パティシエの代表作といえるのが、1996年のソペクサコンクール(仏大使館主催の仏菓子コンクール)で優勝を勝ち取った「セラヴィ」です。

白い円柱型の上品な佇まい。木苺の上にはしずくをイメージしたジュレが1粒、キラリと輝きます。ホワイトチョコムースのケーキにフォークを入れると、中にはピスタチオの生地に、フランボワーズとショコラのムース。1番下にはチョコレートのサクサクとした生地が食感のアクセントとなり、多彩な味わいが口の中に広がります。

「セラヴィ」とはフランス語で「人生」という意味。
まさに、辻口パティシエが人生を賭けてつくったケーキなのです。

三重のコンフィチュールアッシュのケーキ

左より時計まわりに、「セラヴィ」595円、「湯の山ロール」305円、「ガトーショコラ H ~アッシュ~」580円、「フランボワーズピスターシュ」560円 ※価格はすべて税込

コンフィチュールアッシュ

「セラヴィ」以外のケーキは、すべて菰野町の「コンフィチュールアッシュ」オリジナル。果物の生産が盛んな三重県の素材をつかったケーキも季節ごとに揃います。

コンフィチュールアッシュのケーキと温泉コーヒー

人気の「セゾンドガトー」 445円(税込)と一緒に注文したのは、「温泉コーヒー」300円(税込)。「アクアイグニス」内に源泉100%掛け流しの片岡温泉があり、その温泉水で淹れたコーヒーは、まろやかな味わいです。



辻口パティシエが菰野を選んだ理由

気になるのが、辻口パティシエがなぜ、菰野町を移転先に選んだのか?ということ。

「コンフィチュールアッシュ」パティシエの谷口伸吾さんが、その理由について話してくれました。

「縁があって訪れたこの場所で、温泉水を使った温室で育つ、甘み深いいちごを食べて温泉に浸かったとき、たぐい稀な幸せを感じ、『この場所だ!』と決めたんだそうです」と、谷口さん。

コンフィチュールアッシュの辻口シェフ

オープン当時からこの店で働いている副統括責任者の谷口さん。常時20種くらい並ぶケーキの新作開発も、辻口パティシエとともに手がけています

そう、この店の最大の特徴が、隣にいちごを栽培する「TSUJIGUCHI FARM」があり、収穫シーズンの12月初旬から5月頃は、朝摘みのいちごがケーキに使用されること。

摘みたてのいちごのおいしさは格別!また、源泉100%の片岡温泉の温泉水で土をぽかぽかと温めているため、冬の間もたくさん栄養を吸収し、甘みの強いいちごになるんです。

「TSUJIGUCHI FARM」では12月初旬から5月頃、いちご狩り体験もできます

コンフィチュールアッシュ
コンフィチュールアッシュ

「TSUJIGUCHI FARM」の管理をしているのは、アクアイグニス農園事業マネージャーの山本久史さん。有機栽培で肥料の研究にも意欲的です

「コンフィチュールアッシュ」のアッシュ(H)は、辻口パティシエの名前、博啓(ひろのぶ)の頭文字のH。同店の店名は、“博啓(ひろのぶ)のジャム”という意味です。

自慢のコンフィチュールも、お土産に買いたい逸品。季節の味わいから定番商品まで、ずらりと並びます。

コンフィチュールアッシュのジャム

辻口パティシエが手がけるほかの店舗でも「セラヴィ」は味わえますが、朝摘みいちごを使うスイーツが食べられるのは菰野町だけ。なんて贅沢すぎるロケーションなんでしょう!

遠方からも訪れる価値のあるスイーツ店です。



<取材協力>
コンフィチュールアッシュ
三重郡菰野町菰野4800-1 アクアイグニス内
059-394-7727
https://aquaignis.jp/





こもガク×大日本市菰野博覧会

工芸、温泉、こもの旅。

こもガク×大日本市菰野博覧会

10月12日 (金) ~14日 (日) の3日間、「萬古焼」「湯の山温泉」「御在所岳」「里山」など豊かな魅力を持つ町三重県菰野町で「こもガク×大日本市菰野博覧会」が開催されます。

期間中「さんち〜工芸と探訪〜」のスマートフォンアプリ「さんちの手帖」は、 「こもガク×大日本市菰野博覧会」の公式アプリとして見どころや近くのイベント情報を配信します。また、各見どころで「旅印」を集めるとプレゼントがもらえる企画も実施。多彩なコンテンツで“工芸と遊び、体感できる”イベントです。ぜひお越しください!

【開催概要】
開催名:「こもガク×大日本市菰野博覧会」
開催期間:2018年10月12日 (金) ~14日 (日)
開場:三重県三重郡菰野町
主催:こもガク×大日本市菰野博覧会実行委員会

公式サイト
公式Facebookページ
公式ガイドアプリ(さんちの手帖)





文:広瀬良子
写真:西澤智子

タグ:
編集:
  • LINE
関連する工芸の知識

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る