さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

BANKOアーカイブデザインミュージアム

キッチュな魅力あふれる明治~昭和時代の萬古焼コレクションに注目

産地:
タグ:
  • LINE

人気陶芸家の内田鋼一さんにより2015年にオープン。萬古焼の常設展のほか、年に2回の企画展が行われる。展示品の中心は古萬古や有節萬古とよばれる古いものではなく、明治時代から戦後にかけて発展したデザイン性の高い萬古焼。産業の中で育まれた、機能性だけでない萬古焼のキッチュな魅力に触れてみよう。

館長の内田鋼一さん

館長の内田鋼一さん

統制陶器、代替陶器の萬古焼
キューピー

輸出用に作られた陶製のキューピー人形は、世界中のコレクター垂涎の品。このキューピーを見るために来館する人もいるのだとか

萬古焼のやかん

鉄瓶を模した陶製やかん。表面に凹凸をつけ、鉄瓶の質感も表現されていた

大黒様と弁天様の貯金箱

大黒様と弁天様の貯金箱

ストーンウエア

鮮やかな色彩と光沢感が美しい日本のストーンウエアは、1970年代に萬古の地で生まれた

エントランスからの通路はショップになっている

展示室を出た後は、のんびりショップを眺めたり、併設のカフェで余韻に浸りながら過ごすのも楽しそう。ショップには萬古焼のほか、内田さんがセレクトした国内外の古いものや、オリジナルの手ぬぐいも

BANKOアーカイブデザインミュージアム

所在地:三重県四日市市京町2-13
TEL:059-324-7956
URL : http://banko-a-d-museum.com/
営業時間:11:00~18:00
定休日:火曜日・水曜日
駐車場:あり
タグ:
  • LINE
同じ産地の見どころ

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この見どころの産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る