さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

蚊取り線香の器は、なぜ「豚」なのか

投稿日: 2018年9月4日
産地:
編集:
  • LINE

9月に入り、やっと暑さも落ち着くかなとホッとしている今日この頃。少し気温が下がって嬉しいのは、どうやら私たちだけではないようです。

夏の大敵、蚊。30度を超えると動きが鈍くなるという研究データが、今年は話題になりましたね。彼らは気温25~30度のときが一番活発なのだとか。まだしばらくの間、虫除けアイテムは必要なようです。

今年も色々なシーンで蚊取り線香にお世話になりましたが、今日はそのお供。陶器でできたこの器のお話です。

蚊遣り豚

ユーモラスで愛らしい豚の姿をした蚊取り線香を焚くための器、「蚊遣り豚 (かやりぶた) 」。「蚊取り豚」とも呼ばれます

それにしても、なぜ豚の姿をしているか知っていますか?

蚊遣り豚

気になって調べてみると、どうやら2つの説があるようです。

煙穴の大きさを工夫したら‥‥

一つ目は、愛知県の常滑焼 (とこなめやき) の職人に伝わる話。

昔、養豚業者が豚に蚊が止まるのに困って、土管の中に蚊取り線香をいれて使っていたそう。常滑市は、明治から昭和時代にかけて土管の生産量で日本一を誇った地域。身近なものを活用したのです。

しかし、土管は口が広すぎて煙が散ってしまうので、口をすぼめてみたら、なんだか豚の姿に似てきた。そこで地域の焼き物である常滑焼で作り、お土産として販売したところ、昭和20年代から30年代にかけて爆発的に人気が出て、全国に広まったという説。

蚊遣り豚

豚の鼻にあたる穴は、煙の出方を調整した結果?

徳利を横にしてみたら‥‥

もう一つの説は、江戸時代に遡ります。新宿区内藤町の江戸時代後期の遺跡から、蚊遣り豚らしきものが発掘されています。現在のものより長細く、イノシシのような形です。

出土した「蚊遣り豚」 (新宿区立新宿歴史博物館所蔵)

出土した「蚊遣り豚」 (新宿区立新宿歴史博物館所蔵)

当時は、枯葉やおがくずなどを燻した煙で蚊を追い払っていたので、入れ物は大きめの徳利のようなものを使っていたと考えられます。徳利を横にして「豚に似ている」と思いついたのではないかというのが研究者の論です。

この蚊遣り豚は、今戸焼 (いまどやき) という東京の焼き物でできていました。浅草の土産物として売られる土人形と同じ素材のため、蚊遣り豚も土人形と同じように焼かれて、土産物として全国に広まったのでは?とも考えられています。



全国区となった蚊遣り豚。現代では、耐熱性が高く壊れにくいと定評のある萬古焼 (ばんこやき) で多く作られています。

国内では三重県四日市市と三重郡菰野町 (こものちょう) で製造しており、毎年全国に十数万個が出荷。電機製の虫除けや殺虫剤が多数開発される中、まだまだ現役の道具として使われていることが伺えます。

長きに渡って続く、人間と蚊の攻防。蚊取り線香の煙をくゆらせる夏の景色は、これからも続いていきそうですね。






<参考文献>
「蚊遣り豚の謎 近代日本殺虫史考」 (2001年 町田忍 新潮社)
「世界のロングセラー PART4 職人たちの技」 (1998年 小学館)
新宿区立新宿歴史博物館 所蔵品資料
「アース害虫駆除なんでも事典」




文:小俣荘子
  • LINE
関連する工芸の知識

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る