さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
愛しの純喫茶

高知の朝食は、喫茶店で。「喫茶デポー」が生んだ和洋モーニング

投稿日: 2018年4月21日
産地:
タグ:
編集:
  • LINE

旅の途中でちょっと一息つきたい時、みなさんはどこに行きますか? 私が選ぶのは、老舗の喫茶店。お店の中だけ時間が止まったようなレトロな店内に、煙草がもくもくしていたり。懐かしのメニューと味のある店主が迎えてくれる純喫茶は密かな旅の楽しみです。

旅の途中で訪れた、思わず愛おしくなってしまう純喫茶を紹介する「愛しの純喫茶」。今回は、高知の人々に40年親しまれてきた老舗喫茶店「喫茶デポー」です。

高知の朝食は、喫茶店で

人口1000人当たりの喫茶店数で日本一を誇る高知県 (2014年総務省統計局調査より) 。そんな高知のモーニングは「ちょっと変わっている」と聞き、朝から出かけてみることに。

高知の路面電車「とさでん」に揺られて菜園場町駅まで。繁華街として賑わうはりまや橋の隣駅ですが、川のせせらぎが聞こえる静かな地域です。電車を降りて2分ほど歩くと、喫茶店の看板が見えてきました。

喫茶デポーの看板

扉のチリンチリンという鈴を鳴らしながら店内に入ると、女性たちの笑い声が聞こえてきます。

時計を見ると、朝の9時をまわったところ。お仕事前の方から、家族を送り出した後とおぼしき主婦の方、年配の方もちらほらと。ひとり客からグループ客まで大勢の方で賑わっていました。

お店をぐるりと見回すと、みなさん朝ごはんを食べている様子。さっそく私もメニューを眺めます。モーニングだけで6種類もありました。

「『高知モーニング Part3』が、高知らしくて一番人気のメニューです。きっと驚いていただけると思いますよ」

お店の方にそう言われ、せっかくなのでこちらをお願いすることに。「驚く」ってどういうことだろう?そんなことを思いながら待つこと数分。

「お待たせしました!」と、トレイがテーブルに置かれました。

高知のモーニングメニュー

なんとボリューミー!

登場したのはトレイいっぱいに器の並ぶモーニング。かなりのボリュームに圧倒されながら、お皿を見ていくと、おや?厚切りトーストの横におにぎり??

さらには、コーヒーとお味噌汁が並びます

さらには、コーヒーとお味噌汁が並びます

パン、ごはん、コーヒー、お味噌汁‥‥朝食のオールスターが一同に!これが高知の人々の間でお馴染みのモーニングセットなのだそう。隣のお皿に盛り合わせられたおかずも豪華です。

目玉焼き、サラダ、ウインナー、ナポリタン

目玉焼き、サラダ、ウインナー、ナポリタン。横にはバナナも添えられていました

ふかふかの焼きたて厚切りトーストをかじったら目玉焼きを。コーヒーを一口飲み、サラダを食べたらおにぎりに手をつけ、お味噌汁をすすります。思いのほか違和感なく食べられるものです。なんだかとても贅沢な気分になりました。

「食べたいもの」を素直に乗せた

このメニューを考え出したのは、デポー専務取締役の池田登志子さん。

「朝食で私の食べたいものを考えていったら、トーストとおにぎり両方になったの。おにぎりだったら合わせるのはお味噌汁でしょう、ということで思い切って一緒に乗せてみました。高知市内でこんな組み合わせを提供したのはどうやら私が初めてだったみたい。これがお客さんに喜んでもらえて人気になりました」

40年ほど前、池田さんは夫婦で喫茶店を始めました。当時は高知でも、モーニングは「トーストにコーヒー」というシンプルなメニューが一般的だったそう。ここに登場した池田さんの「和洋モーニング」がヒットします。

すでに人気店となっていたデポーの7店舗で提供されていたこともあり、その認知は高まり、今ではすっかり高知の朝の定番メニューに。デポーでは改良を重ねて、現在のパート3の内容となっています。

コカ・コーラのランプシェード

店内の内装も楽しみの一つ。コカ・コーラのアンティークグッズがいくつも飾られていました。これも池田さんの好きなもの。かなり古いものもあり、評判を聞きつけたアメリカのコカ・コーラ本社から社長が訪れたこともあったほど。社長から喜びのお手紙まで届いたそう

「高知では、昔から女性が元気でよく働くと言われているんです。働く女性が朝食を作るのは大変だからモーニングが広まった、なんて話もあるくらい。みなさん朝から元気なんですよね。

お客さんから『ここに来るとホッとする、ここが一番居心地がいい』と言葉をかけていただいたり、ゆったりされている様子を見ると、まだまだやめられないなぁ、やっぱりこういうお店持っててよかったなぁ、好きだなぁと思うんです」

今では役員としてお店の上のフロアにある事務所にいることの多い池田さんですが、出勤すると必ずお店に顔を出すのだそう。昔馴染みのお客さんに挨拶したり、常連のお年寄りの体を気遣ったり。池田さんに会いに通っていると話すお客さんもいらっしゃいました。

池田さんの集めたアンティークのメリーゴランド

店内に飾られている池田さんお気に入りの小物も、お店とともに長年お客さんを見守ってきました

朝から元気な高知の方々と会って、しっかり朝食をいただいたら、こちらも力が湧いてきますね。今日も1日頑張るぞ!と、お店をあとにしました。

喫茶デポー 菜園場店
高知県高知市菜園場町3-8
電話 : 088-884-4973
http://depot.main.jp/depot/depot.html
営業時間 : 10:00〜17:00
定休日 : 無し※元日を除く
駐車場:あり
※京町、知寄町にも店舗あり

文・写真:小俣荘子
タグ:
編集:
  • LINE
関連する工芸の知識

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る