さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

産地の工芸品

高知県

高知

土佐打刃物

  • LINE

概要

刀鍛冶にルーツを持つ土佐打刃物。日本刀のように鍛えることにより、金属組織を微細化し、切味・耐摩耗性・刃の粘りを与えている。また、強度や重さを必要とする部分を厚くし、刃は理想の機能を発揮するよう適切な薄さに仕上げられる。製品は、鎌、鉈、斧、鎌、鋸 (のこぎり) などの農林用具から、包丁などの生活用具まで多岐にわたる。

土佐打刃物は、金属材料を適当な高温に加熱し、ハンマーを用いて、鍛造加工を行う。金型を用いず、叩く台とハンマーで自由に形を決めることが出来るため、原寸と形を書いた注文書があれば多種多様な刃物の製造が可能。少量多品種製造が可能で、使い手の要望に細やかに応えられるため、全国各地から多様な刃物の注文を多く受けてきた。

歴史

土佐でいつから刃物が造られていたかは定かではない。全国屈指の温暖多雨な土佐の地では、古くから林業が盛んで、そのために必要な打刃物が古くから造られていたという。

一方で、徳治元年 (1306年) 大和国より土佐に移り住んだ刀鍛冶、五郎左衛門吉光派が室町末期まで繁栄し、戦国の乱世で武具刀剣等の需要に応じていたという記録が残っている。刀鍛冶の登場により、農林業のための打刃物を作っていた鍛冶屋たちも影響を受けた。刀鍛冶から技術を習い、鎌、鉈、鋸 (のこぎり) 、鍬 (くわ) など農山林具としての道具を中心に発達を遂げる。1590年に土佐一国を統一した長宗我部元親が記させた「長宗我部地検帳」には、当時、399軒の鍛冶屋が存在していたことが記録されている。

土佐打刃物の本格的な隆盛は、江戸時代初期の元和改革 (1621年) の頃に始まる。土佐藩の財政窮迫の復興として森林資源の確保および新田開発などの振興政策を受けて農林業用打刃物の需要が一気に拡大する。この頃から刃物生産技術が著しく発展をとげ、量産体制および品質の向上が図られ、土佐打刃物が確立。1998年には経済産業大臣指定伝統的工芸品に指定された。

刀鍛冶の技術を基盤とし、1丁ずつ製造する土佐打刃物。多種多様な製品づくりが可能なため、現在も全国各地の様々な注文に応え続けている。

  • LINE
関連する工芸の知識

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る