さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

突然の雨から守ってくれる、新時代の風呂敷を見つけた 朝倉染布の超撥水風呂敷「ながれ」

投稿日: 2019年5月29日
産地: 桐生
編集:
  • LINE

突然の雨。

しかたなくビニール傘を買いに走る‥‥そんな経験はありませんか?私はもう何度くり返したかわかりません。家にはビニール傘が増える一方。

折りたたみ傘を持っていればよかった!と後悔しつつ、毎日は持ち運びたくないし‥‥。そんな悩みを解決してくれるものに出会いました。

それは、風呂敷。

超撥水風呂敷『ながれ』

一見なんの変哲も無いように見えるこの風呂敷。ただの風呂敷ではありません。強力な撥水力を持っているんです。

超撥水風呂敷『ながれ』

布が水をはじいて、表面をコロコロと転がるほどの撥水力です

その名も、超撥水風呂敷『ながれ』。

超撥水風呂敷『ながれ』

こんな風に広げれば、布の上を水滴が流れて雨から身を守れます

超撥水風呂敷『ながれ』

布バッグなどを包んで水濡れを防ぐことも

小さく折りたためる風呂敷はかさばりません。かばんに1枚入れておけば、急に雨が降っても安心です。

織物の町、桐生市の老舗企業が生んだ「超撥水技術」

この風呂敷を作っているのは、群馬県桐生市のメーカー「朝倉染布」。1892年の創業以来、生地の加工技術で織物の町を支えてきた老舗企業です。

布おむつの全盛期には、赤ちゃんの肌に優しく、撥水力と通気性を兼ね備えたおむつカバーの開発に貢献。近年は、五輪選手も活用する競泳用の素材や、衣料資材の染色加工を行ってきました。

長年培ってきたこの加工技術から生まれた、独自の「超撥水技術」を風呂敷に施しました。

超撥水風呂敷『ながれ』

超撥水性を持たせることで風呂敷そのものの機能性が格段に進歩した点などが高く評価され、グッドデザイン賞 特別賞 (中小企業庁長官賞) も受賞

水が球体になって転がるほどの撥水力

「超撥水」とは、高い撥水性によって「水滴が面に対しておよそ150度を超える接触角で接する現象」のこと。

通常の撥水(接触角:約110度)

通常の撥水(接触角:約110度)

「超撥水」の状態 (接触角:約160度) 。水滴は球体に近くなり、転がりやすくなります

「超撥水」の状態 (接触角:約160度) 。水滴は球体に近くなり、転がりやすくなります

カメラやPCなど、「絶対に濡らしたくない」精密機器などを守るために買い求める人も多いのだとか。

超撥水風呂敷『ながれ』

濡らしたくないものを包めば安心

水が運べる風呂敷

朝倉染布の超撥水加工は、布の表面ではなく、繊維一本ずつに施されています。布を織る繊維そのものが高い撥水性を持っているので、生地の裏表両面が水をはじく上、通気性が保たれています。

そのため、中身を水から守るだけでなく、水を漏らさずに包むこともできるんです。端を結んでバッグ状にすれば、なんと10リットルもの水を運ぶことが可能なのだそう。

バケツ代わりになる風呂敷として、災害などの非常時用にも注目されています

バケツ代わりになる風呂敷として、災害などの非常時用にも注目されています

超撥水風呂敷『ながれ』

布ではなく繊維に加工が施されているので、絞ることで繊維の間から水を出し、シャワーのように使うことも

100回の洗濯でも撥水効果が持続

さらには、耐久性の高さにも驚きます。洗濯を100回以上繰り返しても撥水性能を保持し続けるそう。

汚れたら洗濯できるのは心強いこと。角を結んで水滴のついた食材を運ぶエコバックにしたり、食事がこぼれても良いように子どものいる食卓に敷いたり、レジャーシートとして使ったり、屋外フェスなどアウトドアでも活躍しそうです。

超撥水風呂敷『ながれ』

食事の時に前掛けにすれば、食べこぼしから服を守れます

超撥水風呂敷『ながれ』

通気性がありムレないので、温泉やプールに出かける際に着替えを入れて運ぶのにも最適です

突然の雨や災害時だけでなく、毎日の暮らしでも色々と活用できる風呂敷。お出かけのおともに、かばんに1枚入れておこうと思います。

<取材協力>
朝倉染布株式会社
群馬県桐生市浜松町1丁目13-24
http://www.asakura-senpu.co.jp/

<掲載商品>
超撥水風呂敷『ながれ』

文:小俣荘子
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る