さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

ホテル「KUMU 金沢」で、2度目の金沢は上質ローカルな滞在を

投稿日: 2019年2月26日
産地:
タグ:
編集:
  • LINE

みなさんは、旅先でどんなところに泊まりますか?

老舗旅館からオシャレなゲストハウスまで、さまざまな選択肢がありますが、そのまちの歴史や文化、人のあたたかさが感じられる宿は、旅をより思い出深いものにします。

やってきたのは、石川県金沢市。

JR金沢駅前の大きな鼓門を出て近江町市場方面へ。そこから香林坊に向かうオフィス街の大通りを歩いていると、今回ご紹介する「KUMU 金沢」が見えてきました。

「KUMU 金沢」は2017年にオープンしたリノベーションホテル。1972年に建てられた建物で、もともとは繊維関係の企業が入るオフィスビルでした。

「KUMU」という名前には、昔から根づいてきた金沢の伝統を“汲む”場所、地域の人たちとチームを“組む”場所、茶の湯を“酌む”場所など、さまざまな意味が込められています。

エントランスでお茶を点てるKUMUのスタッフ。国内外のさまざまなゲストを迎え入れます

建物に入って目を引く大きな木“組み”の天井も、「KUMU」のコンセプトを表現したもの。

この天井は茶室の美学である「不完全さ、簡素さ」を表現

元の建物の表情を生かしつつ、細部に取り入れられている金沢の工芸技術を見つけるのも、このホテルの楽しみ方の一つです。

目的に合わせて選ぶ宿泊スタイル

早速宿泊フロアへ行ってみましょう。

客室はすべて、最大4人まで泊まれる個室。茶会もできるような炉がある畳敷きの部屋から、2段ベッドのあるリーズナブルな部屋まで、目的に合わせて部屋を選ぶことができます。

立体的なお部屋で上下段計4つのシングルベッドのある「LOFT4」

どの部屋も天井が高いので、2段ベッドが並んでも圧迫感はありません。

広々と開放感のあるウェスタンスタイルの「STANDARD4」

カップルや家族、グループでも楽しめそうです。

リビングや小上がりの畳スペースがある「JUNIOR SUITE:Japanese Style Room」

3階と5階にある共有スペースには、大きなティーテーブルがあります。宿泊客同士が今日の旅の出来事を話したり、明日行く場所の情報交換をしてみたりと、新たなコミュニケーションが生まれそうです。

屋上のルーフトップでは、定期的にヨガのクラスを開催。天気の良い日は白山が見えることも。

オフィス街にも関わらず高い建物が少ないので、金沢のまちが見渡せます

館内には気軽に使えるシェアスペースも兼ね備えています。

最上階には8名まで利用できるミーティングスペースが。宿泊者以外もレンタルが可能です

各フロアをめぐりながら金沢アートを堪能

「KUMU金沢」では、1階から6階の各フロアに金沢ゆかりのアート作品が展示。階が変わるごとに趣が異なり、訪れる人を驚かせます。

ロビーには、KUMUのグラフィックデザインを手がけた田中義久氏と飯田竜太氏によるアーティストデュオ「Nerhol」の作品

こちらの塔は、よく見ると、一つひとつのパーツが洗濯バサミで組み立てられているという驚きの作品。金沢美術工芸大学出身のアーティスト高本敦基氏によるもので、洗濯バサミはランドリースペースの目隠しにも使われています。

一輪のスイセンの花。こちらは何でできているかわかりますか?

正解は、鹿の骨と角。細かい部分まで、まるで本物のように表現されています。こちらは彫刻家・橋本雅也氏が手がけました。

書家の華雪氏による「牛」という書は、「十牛図」という禅の思想をモチーフにしたもの。

金沢の工芸品である二俣和紙に書かれています

どの作品も空間に馴染むように展示されているのが、「KUMU 金沢」の特徴。アートホテルのように作品が主役ではなく、見る人の心にそっと語りかけてくるようなさりげなさが心地よいです。作品は全部で13点展示。館内を巡りながら鑑賞するのもおすすめですよ。

まちとの接点が生まれるTEA SALON

「KUMU 金沢」でぜひ利用したいのが、1階のTEA SALON「KISSA&Co.(キッサ アンド コー)」。「どうぞお茶でも召し上がれ」という意味を持つ、禅の言葉“喫茶去(きっさこ)”が由来です。

こちらは宿泊者以外のお客さんも利用できるカフェで、抹茶や加賀棒茶はもちろん、抹茶ビールなどのお酒やおつまみなど、金沢を感じられるメニューが揃っています。和菓子は地元金沢の和菓子店「茶菓工房たろう」のもの。茶の文化に和菓子は欠かせないですよね。

金沢のアンティークショップ「ENIGME」が選定したさまざまな器も美しい

地元の金工作家、竹俣勇壱氏がセレクトした茶釜や茶器が目を引きます

初めてここを訪れた宿泊客と地元の人たちとの出会いの場にもなるTEA SALON。地元の人しか知らないおすすめのお店や普段の行きつけの場所など、観光ガイドブックにはないような情報を知ることができるかもしれません。

イベントやワークショップなども定期的に開催しています

滞在することで、自然に金沢のまちとつながっていくような心地よさを感じる「KUMU 金沢」。いつもの旅をより味わい深いものにしたい方に、ぜひおすすめしたい場所です。

<取材協力>
KUMU 金沢 -THE SHARE HOTELS-
石川県金沢市上堤町2-40
076-282-9600
https://www.thesharehotels.com/kumu/

取材・文:石原藍
写真提供:KUMU 金沢




合わせて読みたい

〈 金沢に行きたくなったら 〉

春の旅行シーズン前に、こんな記事で金沢のおさらいをしてみてはいかがでしょうか。

見て、触れて、食べられる工芸品。金沢・ひがし茶屋街で金箔尽くしの旅

金沢・ひがし茶屋街で金箔尽くしの旅

→記事を見る




金沢・竹俣勇壱さんの手のひら「茶箱」で、旅先やオフィスでお抹茶を一服

金沢・竹俣勇壱さんの手のひら「茶箱」

→記事を見る




金沢民景

→記事を見る




80年間変わらぬ味でお客さんを迎える「おでん若葉」

おでん若葉

→記事を見る




金沢は、漆器なしで語れない。「まちのみんなが目利き」のご当地文化

金沢漆器

→記事を見る




金沢を旅するなら「石垣の博物館」へ。 金沢城のモダンな石垣、ダイナミックな庭園の謎多き魅力

金沢城のモダンな石垣

→記事を見る




タグ:
編集:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る