さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
針子・田方あいさん(工房さいち)

毎日かあさん、ときどき職人

投稿日: 2016年11月1日
産地:
編集:
  • LINE

こんにちは。ライターのヤスダユミカです。
生活必需品。でも、どこか愛嬌があって、かわいらしい。ふきんやランチョンマット、ポーチなどの布小物は「お針子さん」と呼ばれる方々に一つひとつ丁寧に縫われています。伝統の技を受け継ぐ職人ではないけれど、自分が得意なことを活かして「工芸」を支えてくれる人たちのほとんどが、家庭を支える主婦やお母さんでもあるのです。今回はそのひとり、田方あいさんに、日々の働き方、暮らし方について、お話をうかがいました。

無心でミシンをかけると、ストレスも飛んでいく。
好きなことをして、お金ももらえるなんて。「お針子さん」ってシアワセな仕事です。

「子どものころから家庭科が得意。夏休みの工作は、いつも縫い物を提出してました」と笑う田方さん。服飾系の短大を卒業後、デザイン会社に就職。出産を機に退職して、しばらくは子育てに専念することに。家事のかたわら、子どもたちの洋服を縫ったり、近所の主婦たちと「手づくりサークル」の活動をしたり。ずっと手は動かしていた。
そろそろなにか仕事を始めたいな。そう考え始めたとき、サークル仲間のひとりが「お針子さん」の仕事を紹介してくれた。
「家でできる!大好きなミシンが使える!わたしのためにある仕事!」と飛び上がって喜んだ。

桜や紫陽花、七夕やクリスマスなど、季節に合わせて柄やデザインが変わる。 出雲のうさぎや福岡の明太子、大阪のたこ焼きなど、ご当地柄も人気。

桜や紫陽花、七夕やクリスマスなど、季節に合わせて柄やデザインが変わる。 出雲のうさぎや福岡の明太子、大阪のたこ焼きなど、ご当地柄も人気。

現在は人気商品のギャザーポーチを主に担当。 「ご当地や季節に合わせて色柄が変わるのが楽しみ。これまでに何個縫ったんだろう?一番多くて月に1000個かな…」 目を丸めるわたしたちに、慌てて付け加える。 「あ、ふだんは月に500個ぐらいですよ」 始めて3年。すっかり頼れるベテランさんだ。

キャプションなし?

依頼が入ると、個数・納期などを確認、スケジュールを組み立てる。縫うのは自分、バネを入れたり、包装してくれる仲間と分担し、調整しながら進めていく。
「信頼して任されるので、進行管理はとても大事。ここまで終わった!とスケジュール表に丸をつけるのが気持ちいいんです」。

6時半起床。朝食をつくり、7時半には家族を送り出す。掃除・洗濯を済ませ、お茶を飲んで一息。そこからが「お針子さんタイム」。昼食を挟んで夕方5時ぐらいまで、ひたすらミシンをかける。夕飯とお風呂のあとは、テレビを見ながら布の折り曲げなど単純作業をのんびりと。
「でも、まったくやらない日もある。友達とランチしたり、週1~2回は気分転換にカフェでバイトしたり。メリハリがいちばん」。
家事の効率もアップした。買い物はできるだけまとめて、献立は週のはじめに立てる。
「ダラダラしちゃったらすごく後悔する。この間にポーチ何個縫えただろうって」と想像するだけで悔しそう。「お針子さん」になって、時間の大切さをひしひし感じるようになった。

キャプションなし?

自分のペースでお気に入りの音楽でも聞きながら、リラックスしてできるのがいい。夜型人間。気分が乗れば家族が寝てから、仕事することも。
「この夏は忙しくて、テレビでオリンピック見ながら夢中でミシンをかけてたら、空が明るくなっていて。売れっ子漫画家か!みたいな」とか言いながら、なんだか楽しそう。最近はペースもつかめてきて、めったに夜なべはしないけれど。
「困ったときには相談できる工房のスタッフや、手伝いにかけつけてくれる仲間がいる」。
ひとりのようで、ひとりじゃない。そんな繋がり方が心強くて、心地よい。

直線縫いの目安になるように、ガムテープを貼った。布の滑りも良くなる。 タグの縫い位置が一目でわかる型紙もボール紙で自作。日々の工夫も楽しみのひとつ。

直線縫いの目安になるように、ガムテープを貼った。布の滑りも良くなる。タグの縫い位置が一目でわかる型紙もボール紙で自作。日々の工夫も楽しみのひとつ。



img_0758

「とにかくミシンで縫うのが大好き。平たい布が立体になって、ずらりと並んでいくのを見るのとワクワクします」。
慣れないものを縫うときは、最初は思うように進まなくても、コツがつかめると本人いわく「よそ見をしても縫える」ぐらいに。そんなときは、「よっしゃ」と小さくガッツポーズ。日々の「成長」がうれしい。
「お母さん、なに始めるん?」と言っていた子どもたちも、「お母さんが縫ったポーチ、お店に並んでたよ」と嬉しそうに写真を送ってくれるようになった。
「商品がテレビで紹介されたときは、家中が大騒ぎ!やっていてよかったって感動しました」と語る表情には、ちょっと自慢げな「お針子さん」と優しいお母さんの顔が同居している。

「イヤなことがあった日も無心でミシンをかけていれば、いつの間にかストレスも飛んでっちゃう」。

歳をとっても、ずっと続けていきたい。それがごく自然かのように、田方さんは言う。
「お針子さん」仲間で集まる機会もある。
「たまには違う話をすればいいのに、『どうやったら早く縫える?』とか『この部分にミシンかけるの楽しいよね』とか。そんな話ばかり」と照れ笑い。
「家で好きなことを仕事にして、その上お金もいただけるなんてシアワセです」。
ミシンの音が伴奏がわり。今日も鼻歌まじりに縫い物をする田方さんの姿が浮かんでくる。

img_0611

田方 あいさん
中3と中1、ふたりのお母さん。短大を卒業後、再びミシンをいじり始めたのは、子どもの洋服づくりがきっかけ。「気に入り過ぎて、ぼろぼろになるまで着てくれた」と嬉しそうにかわいらしいズボンを見せてくれた。「仕事のBGMはテンポのいい曲。でもよすぎるとノリノリになっちゃうから適度なやつ」と笑う田方さん。周りの空気が、ぱっと明るくなる。

<関連商品>
・鹿の家族 ギャザーポーチ (日本市)

 文:ヤスダユミカ
写真:林直美

  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る