さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

「工芸とデザインの境目」展 イベントレポート

投稿日: 2016年11月1日
産地:
編集:
  • LINE

こんにちは。さんち編集部の西木戸弓佳です。
全国各地で行われる工芸イベントに実際に足を運び、その魅力をお伝えする「イベントレポート」。今回は、石川県金沢21世紀美術館で開催中の「工芸とデザインの境目」展をレポートします。

金沢21世紀美術館が、2014年の10周年を機に3カ年かけて行う大規模な展覧会のフィナーレとなる同展。2014年「建築」、2015年「現代美術」に続き、2016年のテーマは「工芸」。プロダクトデザイナーの深澤直人さんを監修に迎え、これまでに無かった新しい視点からデザインを見直します。

「工芸」か「デザイン」かー。工芸とデザインはものづくりという点では同じであるが、両者は異なるジャンルとして区別される。しかしながら、それらをつぶさに観察するまでもなく、両者の間には「デザイン的工芸」また「工芸的デザイン」とも呼べる作品あるいは製品があるように思われる(展示概要より)

たとえば、柳宗理さんのデザインしたバタフライスツールは、「工芸」か、それとも「デザイン」か。その問いにすぐに答えられる人は少ないかもしれません。その曖昧模糊とした境目に、はっきりと線を引くことを試みる本展示。わらじ、檜風呂、茶筒、石垣、漆器、スニーカー、かばん、スマートフォン、パソコン、車など、実にさまざまなジャンルの、約75点のプロダクトが並びます。それらを、「プロセスと素材」・「手と機械」・「かたち」・「経年変化」という多様な観点から見つめ直し、「工芸」・「デザイン」の境目を浮き彫りにしています。

「これは工芸でこれはデザイン、といったように一本の線を引くことは困難です。これは、工芸20% デザイン80%であるというのが説明しやすいかもしれません」

“KOGEI”と”DESIGN”という文字が対になって記された壁のちょうど中心から、真っ直ぐに引かれた太い黒線。その線を境目にプロダクトが配置され、置かれている位置によって、そのプロダクトの持つ「工芸」と「デザイン」の割合が表現されています。
それが、深澤さんの考えられた「工芸」と「デザイン」の境目を示す答え。
ただ、その「答え」はものを観ただけですぐに腑に落ちるものばかりではなく、私の中にあった「答え」との違いに、頭がぐるぐるとすることもしばしば。各展示に添えられた丁寧な解説パネルで、その配置の意図を知ることができます。考えの差分が大きいほど、新しい発見があり、解釈の幅が広がるような展示構成です。それらはもしかすると、「観覧者を揺さぶることに意義があると思います」とおっしゃる、深澤さんによる仕掛けなのかもしれません。

展示室のひとつに、ちょうど直線の中心にプロダクトが並べられた部屋がありました。
デザイン50%・工芸50%。
ちょうど半々かと思いきや、置かれている向きにも意図があるそうです。
ぜひ会場でご覧ください。

文・写真:西木戸弓佳
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る