さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

工芸を遊ぼう。工芸のまち・金沢で「金沢21世紀工芸祭」が今秋も開催

投稿日: 2017年9月15日
産地: 金沢
タグ:
  • LINE

町家に広がる工芸の世界「工芸回廊」10月19日(木)〜10月22日(日)

10月14日(土)から11月26日(日)の期間、石川県金沢市を会場に「金沢21世紀工芸祭」が開催されます。

金沢21世紀工芸祭は、工芸のまち金沢が開催する工芸フェスティバル。初開催となった2016年には7万人が来場するなど、注目度の高さがうかがえます。

目指すのは、金沢の街を工芸の集積・発信地となる「ポート(港)」にすること。工芸界全体の発展と地域活性化の基盤づくりを図るため、工芸の交流と対流を生み出すさまざまな仕掛けが用意されています。

伝統と現代、それぞれの茶道「金沢みらい茶会」

会場やテーマに趣向を凝らした「金沢みらい茶会」では、「トラディショナル」と「コンテンポラリー」、ふたつのテーマで茶席を開催。伝統から多彩な方向へ、思い思いの解釈で繰り広げられるおもてなし。「茶の湯」文化が今なお根付く、金沢ならではのひとときを楽しむことができます。

伝統と現代、それぞれの茶道「金沢みらい茶会」10月15日(日)〜11月26日(日)

料理人と工芸作家のプレミアムな饗宴「趣膳食彩」

工芸と食の催し「趣膳食彩」では、料理人と工芸作家という、「つくる」を生業とする職人たちが、真摯に向き合い語り合い、思いを宴に昇華します。その場でしか味わうことのできない食と工芸の素晴らしさ、五感で味わうプレミアムな体験があなたを待っています。

料理人と工芸作家のプレミアムな饗宴「趣膳食彩」10月14日(土)〜11月26日(日)

そのほか、点在する町家を会場とした回遊型展示「工芸回廊」、ワークショップ「金沢みらい工芸部」、アートスペース連携企画「金沢アートスペースリンク」、工芸と建築の可能性を探る「工芸建築」展、「国際工芸シンポジウム金沢」、「KOGEIトーク」の8つのメインコンテンツ、100を超えるプログラムによって、工芸を通じた金沢の魅力を発信します。

きたる2018年に金沢市で開催予定の「東アジア文化都市2018金沢」のプレイベントとしても大きな役割を果たす今回。金沢から世界に向けて、さまざまな工芸の多様性・可能性が提示される重要なイベントとなりそうです。受け継がれ、育まれていく工芸の“いま”と、秋の金沢を楽しみに行かれてみてはいかがでしょうか。

金沢21世紀工芸祭

期間:2017年10月14日(土)~11月26日(日)
会場:石川県金沢市内及び近郊
オフィシャルサイト:http://21c-kogei.jp/
※一部コンテンツは予約が必要です。
タグ:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る