さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

産地の工芸品

神奈川

鎌倉

かまくらぼり 鎌倉彫

  • LINE

概要

鎌倉彫とは、鎌倉時代から現代まで受け継がれてきた工芸品で、カツラやイチョウなどの木を用いて木地を成形し、文様を彫り、その上に漆を塗って仕上げたもの。神奈川県の鎌倉市及びその周辺地域で作られたもののことをいう。日本的な草花がモチーフにされることが多く、力強く大胆な彫刻と、落ち着いた色合いの美しさが特徴である。

「葡萄文色紙箱」山ぶどうの彫りに堆烏塗り

「葡萄文色紙箱」山ぶどうの彫りに堆烏塗り

「宝相華文菓子盆」山吹乾口塗り

「堆青乾菓子器」通し刀痕の彫りに堆青塗り

歴史

鎌倉彫の起源は、遠く鎌倉時代までさかのぼる。
鎌倉時代、中国から禅宗とともに伝来した美術工芸品として、精巧な文様が彫刻されたうえに漆を幾重にも塗り重ねた堆朱(ついしゅ)や堆黒(ついこく)などの彫漆品があった。その影響を受け、仏師たちがその意匠をもとに工夫をこらしながら仏具を作ったのが鎌倉彫の始まりである。

室町時代にかけては、京都の南禅寺、知恩寺など多くの寺院に伝えられる「大香合」や、鎌倉国宝館の「獅子牡丹文硯台」、東北では中尊寺、示現寺の椿文様の笈(おい)などの優品が生まれた。この時代の公家の日記「実隆公記」に「鎌倉物(かまくらもの)」という言葉が現れて以来、これらの鎌倉ゆかりの木彫彩漆が一般的に鎌倉彫と呼ばれるようになったという。

江戸時代、茶の湯の興隆とともに茶道具としても大いに珍重された鎌倉彫。このころは精微な蒔絵が流行し、上品で風流な鎌倉彫も好まれた一方、侘・寂・粋など、江戸文化の香りを持つ作品も生み出された。

これらの仏具や茶道具の制作に携わっていたのは仏師だったが、明治になると神仏分離令が公布され、廃仏毀釈の運動によって、寺院の衰退から仏師たちは仕事を失ってしまうことに。そんな中で、後藤齋宮(ごとういつき)と三橋鎌山(みつはしけんざん)の2人の仏師は生活の中で使われる工芸品としての鎌倉彫に新しい活路を見いだし、仏像彫刻の技術を生かしながら、今日の発展の基礎を築いた。

明治22年、横須賀線の開通とともに鎌倉は別荘地としても栄えるようになり、訪れる人々への日用品やお土産ものとしてさらに発展。高度成長期を経て大量生産の工業製品に対し手しごとのあたたかさが求められる時代、多くの人々に愛用されるようになった鎌倉彫は、昭和54年に伝統的工芸品としての産地指定を受け、現代でも後継者の育成や新しい製品づくりが積極的に行われており、鎌倉彫の伝承に寄与する代表的な老舗としては「博古堂」が知られる。2016年現在、産地全体での従事者は130人を越えている。

  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る