さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
さんちのお土産

【鎌倉のお土産】 鶴岡八幡宮の神鳩笛

投稿日: 2016年11月4日
産地:
  • LINE

こんにちは、さんち編集部の井上麻那巳です。
わたしたちが全国各地で出会った “ちょっといいもの” をご紹介する “さんちのお土産”。第2回目は潮風香る古都、鎌倉のお土産です。

鳩と言えば何を思い出すでしょうか。平和の象徴、伝書鳩、鳩時計、はとバス…。食いしんぼうな私は迷わず鳩サブレーが頭に浮かびます。すっかり鎌倉土産の定番となった鳩サブレー。その鳩モチーフのルーツが鶴岡八幡宮にあり、鳩サブレーの豊島屋本店が参道、若宮大路沿いにあることをどれぐらいの鳩サブレーファンが知っているのでしょう。(北海道で育った私は恥ずかしながら何も知らず、ただただそのおいしさを享受していました…。)

正面に掲げられた「八」の字が向かい合った鳩の姿にて描かれ、「鳩宮」とも呼ばれ親しまれてきた鎌倉を代表する神社、鶴岡八幡宮。今回のお土産はその鶴岡八幡宮の神鳩笛を選びました。人気の鳩守や鳩みくじの陰に隠れ、端にあるものの、そんなことは気にしないといった表情。凛とした空気を持った白くふっくらしたフォルムに思わず手がのびました。津軽をはじめとして各地でつくられている鳩笛ですが、この端正で真っ白な姿は珍しいように思います。

袋には噂の「八」の字が向かい合った鳩の姿が描かれていました。

鳩の鳴き声に似た音を出すという鳩笛。この子はいったいどんな声で鳴くのでしょうね。

ここで買いました。

鶴岡八幡宮
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
0467-22-0315
www.hachimangu.or.jp

文:井上麻那巳
写真:後藤洋平
  • LINE
関連する工芸の知識

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る