さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

菓子研究家・いがらしろみさんによるRomi-Unie Confitureの手作りジャム さんちのお土産 〜鎌倉編〜

投稿日: 2017年5月18日
産地:
タグ:
  • LINE

こんにちは、さんち編集部の西木戸弓佳です。
わたしたちが全国各地で出会った “ちょっといいもの” を読者の皆さんへのお土産にプレゼント、ご紹介する “さんちのお土産”。今回は、新たな文化が発展し続ける古都・鎌倉のお土産です。

鶴岡八幡宮に続く参道・若宮大路を進んでいく途中、とても美味しそうな甘い匂い‥中を覗かずにはいられません。菓子研究家・いがらしろみさんによるジャムのお店、Romi-Unie Confiture(ロミ・ユニ コンフィチュール)。ここで作られている手作りジャムが買える、鎌倉の人気店です。

romi-unie_1

壁いっぱいの、色とりどりのジャム。見ているだけでワクワクするような、目に楽しい風景が広がります。
季節によってメニューが入れ替わり、約40種類のジャムが店頭に並ぶのだそう。「お菓子みたいなジャム」をコンセプトに作られたジャムたちは、アプリコットとバニラ、いちごとミントと黒こしょう、プラムとアールグレイ、文旦とはちみつのマーマレードなど、気になるものばかり。また、“カシュ・カシュ”・“アニヴェルセール (記念日) ”・“メルシー (ありがとう) ”・“リュクス (贅沢) ”・“マドモワゼル”などと付けられた、ジャムの名前もかわいらしいです。

romi-unie_3
romi-unie_4
romi-unie_2

ジャムを作るのは、毎日(!)。 店内にあるアトリエで、素材の仕込みから銅鍋で煮て、瓶詰めまで、全て人の手で行われているのだそう。店内にある小窓から覗くことのできるアトリエでは、食材を切ったり、材料を量ったりとせっせと仕込みをされてる様子が見えました。小さなアトリエは工場と違って一気にたくさんは作れないけれど、その分、その日その日の食材ときちんと向き合いながら、ていねいに作っているんだろうなぁ。そんな手作りのごちそうを手軽に持ち帰れるなんて幸せです。

romi-unie_5
romi-unie_6

スタッフの方の「どれも本当に美味しいし、味が全部違うので、全部おすすめ」というジャムの中から、頭を悩ませて今回選んだのは、鎌倉限定の「キャラメル・カマクラ」といちごといちごのオー・ド・ヴィーの入った「ハイジ」。
「キャラメル・カマクラ」は、海と山が共存する鎌倉をイメージして地元・湘南で取れたお塩(海の恵)とヘーゼルナッツ(山の恵)で作られたもの。焼き立てのトーストやパンケーキに乗せると、キャラメルがとろっと、口に入れるとナッツの香ばしい香りが広がるのだとか。これは、朝ご飯を楽しみに、早起きができそうです。
今回は、この2種をお土産として皆さんへお届けします。(応募の方法はページ下部をご覧ください。)

ここで買いました。

Romi-Unie Confiture(ロミ・ユニ コンフィチュール)
鎌倉市小町2-15-11
0467-61-3033
www.romi-unie.jp

さんちのお土産をお届けします

読者のみなさまの中から抽選で1名さまにさんちのお土産 “Romi-Unie Confitureの「キャラメル・カマクラ」と「ハイジ」(各80g)” をプレゼント。
応募期間は、2017年5月18日〜6月1日までの2週間です。
お問い合わせフォームから、件名に「さんちのお土産 “ジャム” 」、本文に住所・氏名・年齢・ご職業・お電話番号・「さんち〜工芸と探訪〜」のご感想を明記の上、ご応募ください。
※当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。 いただきました個人情報は、お土産の発送以外には使用いたしません。
ご応募、当選に関するお問い合わせにはお答えできかねますので予めご了承ください。

文・写真 : 西木戸弓佳
タグ:
  • LINE
関連する工芸の知識

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る