さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

皆美館

宍道湖畔に佇む、文人たちの愛した老舗旅館

産地:
タグ:
  • LINE

松江の城下町、宍道湖畔に佇む「皆美館(みなみかん)」は1888年創業の老舗旅館。創業当時より現在に至るまで「客のこころになりて亭主せよ」との七代目松江藩主・松平不昧公の言葉のもと、客への心遣いと奉仕の精神を大切にしている。その居心地の良さは島崎藤村も紀行文に記したほどで、小泉八雲をはじめ芥川龍之介、川端康成、志賀直哉など数多くの文人たちに愛されてきた。宍道湖を借景にした枯山水式の庭園は海外からの評価も高く、米国の日本庭園専門雑誌で「日本国内の優れた日本庭園」にランクインしている。昔ながらの風情を残した部屋、モダンなつくりの部屋など趣が異なる全14部屋。宍道湖と庭園を眺めながら、ゆったりと過ごしたい。

緑あふれる皆美館のエントランス

緑あふれるエントランスが出迎えてくれる

島崎藤村が宿泊した、「藤村の間」。藤村揮毫の書とともに当時の姿のまま残されている。

島崎藤村が宿泊した、通称「藤村の間」。藤村揮毫の書とともに、当時の姿のまま残されている。

宍道湖を一望できる展望温泉風呂付の客室(部屋一例「天女」

宍道湖を一望できる展望温泉風呂付の客室(部屋一例「天女」

建物はクラシカルな和の外観だが、中にはモダンな洋室も

建物はクラシカルな和の外観だが、中にはモダンな洋室も

ルームキーには、神話の国らしく勾玉モチーフのキーホルダーが

ルームキーには、神話の国らしく勾玉モチーフのキーホルダーが

人気の朝食、皆美家伝「鯛めし」

人気の朝食は、皆美家伝「鯛めし」。仁多米こしひかり土鍋ご飯の和定食も選べる。(写真は鯛めし)

宍道湖を借景とした枯山水式の湖畔庭園。夜の様子。

宍道湖を借景とした枯山水式の湖畔庭園。時間とともに様々な表情を見せてくれる。

皆美館

所在地:島根県松江市末次本町14
TEL:0852-21-5131
URL : http://www.minami-g.co.jp/minamikan/
定休日:不定休
駐車場:あり(乗用車18台収容)
※一方通行が多いため、HPにてアクセス要確認
(2017年10月現在)
タグ:
  • LINE
同じ産地の見どころ

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この見どころの産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る