さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

真の全自動土鍋炊飯器「かまどさん電気」発売。あの伊賀焼土鍋のごはんを、 おうちで毎日。

投稿日: 2018年3月12日
産地:
  • LINE
サイズ:約W30×D30×H26.1cm ※土鍋含む
重量:約7.6kg
価格:79,800円(税抜)
オフィシャルサイト:https://siroca.co.jp/kamadosandenki/

累計80万台を販売した炊飯用土鍋「かまどさん」が、そのまま電気炊飯器になりました。

名前もそのまま「かまどさん電気」。ふっくらツヤツヤとしたあの土鍋ご飯がスイッチ一つで炊け、毎日の食卓で食べることができるんです。

食卓の時間を大切にするための土鍋

「ほんとうにおいしいごはんをもっと多くの食卓へ届けたい」。伊賀焼の窯元である長谷園とシロカの想いが重なって、かまどさん電気は生まれました。

美味しいご飯は食卓を幸せにしてくれます。さらに調理が手軽になったぶん、食卓を囲む時間も大切にできる。炊きたてほかほかの土鍋ごはんを囲み、自然と笑顔に包まれる幸せな食卓が「かまどさん電気」で実現したのです。

長谷園当主も納得の仕上がり

「かまどさん電気」のもとになった「かまどさん」は、伝統工芸の伊賀焼で作られた土鍋。IHでは直火のような加熱が難しく、また、伊賀焼最大の特徴である「呼吸」できる鍋は、金属を配合させて作ることはできません。一般的な電気炊飯器のように手軽に使ってもらえる土鍋炊飯器の開発には、4年もの歳月が費やされました。

そこで採用されたのが、電熱ヒーター(シーズヒーター)。直火同様の加熱ができ、かまど炊きの基本である「はじめちょろちょろ(弱火)、なかぱっぱ(強火)、赤子泣いても蓋とるな(蒸らし)。」が電気でも再現できるようになりました。

かまどさんの開発者である長谷園七代目当主・長谷優磁さんも、太鼓判を押す「かまどさん電気」。ぜひご家庭で美味しい土鍋ご飯をお召し上がりください。

かまどさん電気

サイズ:約W30×D30×H26.1cm ※土鍋含む
重量:約7.6kg
価格:79,800円(税抜)
オフィシャルサイト:https://siroca.co.jp/kamadosandenki/
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る