さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

夏の土鍋の使い方

投稿日: 2017年6月27日
産地:
タグ:
  • LINE

こんにちは。さんち編集部の西木戸弓佳です。
毎日、暑い日が続きますね。体力が必要な夏。健康な食事を摂り、体に元気を付けたいものです。 6月の「さんち〜工芸と探訪〜」は伊賀特集。伊賀といえば、土鍋が有名な伊賀焼の産地ですが、今日は夏の間の土鍋の使い方をご紹介したいと思います。身近な食材だけで簡単にできる、夏に食べたい土鍋を使った料理を考えてみました。

土鍋の特徴

「鍋」料理の印象が強い土鍋。夏の間は出番を無くし、棚の奥にしまわれがちですが、それはとても勿体ない。夏も、土鍋は大活躍することをご存知でしょうか。
「鍋」料理以外にも、アイデア次第でさまざまな使い方ができる土鍋。ステンレスや鉄鍋に比べるとちょっと重たいけれど、わざわざ土鍋で調理をしたい理由は、土鍋ならではの特徴にあります。

土鍋の特徴その1. じっくりと熱を通す
他の鍋と大きく違うところは、火の熱をそのまま伝えるのではなく、まずは土鍋自身がじっくり温まってから蓄熱をして、その熱を土鍋全体を通して中の食材に伝えていくという熱の伝え方。食材の芯からじっくりと熱を通し、うまみを引き出してくれるという嬉しい効果があります。

土鍋の特徴その2. 蓄熱性が高い
また、温まるのには少し時間がかかりますが、蓄熱性が高いため火から下ろした後も高い温度を保つのも土鍋の特徴です。蓋をしたままだと高い温度での蒸し状態になるため、ご飯をふっくらと美味しく炊くことができますし、卓上に出した後でも温かい状態を保つことができるのも嬉しいです。

土鍋の特徴その3. 保冷性がある
さらに。夏にお勧めしたい土鍋の使い方は「冷やす」という方法です。意外と知られていませんが、保温効果のある土鍋は、熱いものを熱く保つだけでなく、冷たいものを冷たく保つ効果もあるのです。
また、たくさんの気孔を含んでいる「土」が特徴である伊賀の土鍋は、水を含ませると水分が蒸発する時の気化熱作用によって土鍋の中を冷たく保ってくれます。
昔、琵琶湖の底だったという伊賀の地層から採れる土の中には、400万年も前に生息していた有機物( 植物や生物 )がたくさんいます。この土を高温で焼くと、中の有機物が焼けて発泡し、土の中が気孔だらけのような状態になっているのだそうです。

夏の土鍋の使い方:冷やして使う

夏はやはり冷たいものが食べたくなるもの。土鍋の保冷効果を活かすと、卓上でも料理を冷たいまま楽しむことができます。

<野菜盛り>
氷も溶けにくく、ずっと冷えたままの野菜をいただけます。

夏の土鍋の使い方

<夏野菜の和風ジュレ>
夏のパーティーに使える、見た目も涼しい夏野菜ジュレ。切った夏野菜と和だしで作ったジュレを混ぜて、土鍋のまま冷蔵庫で冷やしておけば完成です。そのまま食べても、豆腐やそうめん、ハムや海老などにかけてもおいしくいただけます。

夏の土鍋の使い方

<蓋で魚のカルパッチョ>
土鍋の蓋は、優秀な保冷皿として活躍します。蓋に水を含ませて冷やしておくと冷蔵庫から出した後もしばらく冷たい状態に。鯛、カンパチ、スズキなど、夏においしい旬の魚を、お刺身やカルパッチョでどうでしょうか。

夏の土鍋の使い方

夏の土鍋の使い方:オーブンで焼く

<夏野菜のオーブン焼き>
耐熱性に優れた土鍋は、そのままオーブンで調理することができます。( 土鍋の種類にもよります )しっかりと野菜を食べて栄養を付けたい夏。夏野菜には、ビタミンやミネラルなど夏に必要な栄養素が多く含まれていると言われています。火の通りにくい根菜などは少し火を通し、夏野菜やお肉・ソーセージなどを詰め、土鍋のままオーブンへ。野菜やお肉の芯へじっくりと熱が伝わり、旨味たっぷりに仕上がります。

夏の土鍋の使い方

夏の土鍋の使い方:蒸し器として使う

<オレンジプリン>
土鍋で蒸すと、ふるふるした絶妙な口当たりに仕上がるプリン。夏に食べたい柑橘系の果物を入れ、爽やかな夏のデザート、とろとろオレンジプリンはいかがでしょうか。ふきんを敷いて蒸すと容器が安定するだけでなく火の当たりが柔らかくなります。

夏の土鍋の使い方

夏の土鍋の使い方:煮てそのまま冷やす

<りんごのコンポート>
深めの土鍋に、砂糖、白ワイン、レモン( お好みでカルダモンやシナモンなど )を入れて、煮立ったらりんごを入れ、蓋をして5分。あとは何もせず、土鍋の余熱調理に任せます。熱が取れたら、そのまま冷蔵庫へ。
驚くほど簡単ですが、土鍋の力で深い味わいの夏のデザートが完成します。

アイデア次第では、まだまだたくさんの活用ができる土鍋。食材を美味しく調理できるだけでなく、保温・保冷の道具としても大活躍します。煮て、焼いて、冷やして。ぜひ、夏の間も使ってみてください。

<関連商品>
土鍋 飴釉( 中川政七商店 )
ビストロ蒸し鍋( 長谷園 )

文・写真 : 西木戸弓佳
タグ:
  • LINE
関連する工芸の知識

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る