さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
地元の人が案内する「さんち旅」

有田焼の今に出会える「in blue 暁」「陶悦窯」へ。bowl店長・高塚裕子さんと行く有田旅2日目

投稿日: 2018年5月17日
産地:
編集:
  • LINE

誰かと会う約束のある旅は、それだけでほくほくと嬉しく、楽しさが増すように感じます。

その日約束していたのは焼き物の町、有田に今年4月にオープンした日用品店「bowl (ボウル) 」の店長、高塚裕子さん。

高塚さん。開店を1か月後に控える忙しい合間を縫って、インタビューに応じてくださった

高塚さん。開店を1か月後に控える忙しい合間を縫って、インタビューに応じてくださった

前日は、お店のインタビュー中に出た「高級より贅沢が、有田らしさ」をキーワードに、その足で高塚さんが愛する有田おすすめの場所を案内していただきました。

高塚さんと有田を巡った前日の様子はこちら
bowlの取材記事はこちら:世界で有田にしかない。仕掛け人に聞く「贅沢な日用品店」bowlができるまで

取材最終日の今日は、最後にお昼をご一緒する約束をしていたのですが‥‥

腹ごしらえから始まる2日目

向かったのはbowlの近所にある「めしや あり菜」。

あり菜

高塚さんも仕事の合間によく食べに来るという辛口ちゃんぽんを頼みました。

あり菜の辛口ちゃんぽん

からい、うまい、とつるつる麺をすすっていると、高塚さんから願ってもない提案が。

「この後もう少し、時間あります?よければご一緒したいところがあるんです」

午前中で全ての取材予定を終え、東京に戻る飛行機まであと数時間あります。

「ぜひお願いします」と答えると早速、「昨日井上酒店さんでお会いしたのですが‥‥」と、高塚さんがどこかへ電話をかけ始めました。

自然の中で器に出会えるギャラリー。in blue 暁

車で小高い丘をのぼって、とあるギャラリーに到着。

in blue 暁

ギャラリーの名は「in blue 暁(インブルー あかつき)」。昨日、偶然にも高塚さんと巡った「井上酒店」さんにお客さんとして来ていた、陶芸家の百田暁生 (ももた あきお) さんの工房兼ギャラリーショップです。

たっぷりと光の差し込む空間に、作品が映えます

たっぷりと光の差し込む空間に、作品が映えます

周りを山に囲まれ、有田の自然をそばに感じられるゆったりとした空間。体から余分な力みがするすると抜けていくのを感じます。買い付けに来た美術商の方もふらっと立ち寄られた観光のお客さんも、ゆっくりくつろいで帰って行かれるそうです。

「例えば個展をやると、百貨店など室内の照明で器を見ていただくことが多いので、自然光の中で作品を見せられる場所を作りたいとずっと思っていました」

工房でありながら、来る人に喜んでもらえる空間が作りたかった、と百田さん

工房でありながら、来る人に喜んでもらえる空間が作りたかった、と百田さん

20年以上前から構想を温めていたという百田さん理想の空間は、高塚さんもbowlのお店づくりの参考にしたそうです。

百田さんと談笑しながら、ゆっくりと器を見ることができます

百田さんと談笑しながら、ゆっくりと器を見ることができます

自然光のもとできりりと映える百田さんの器のことは、また別の記事でご紹介するのでどうぞお楽しみに。

見せていただいた奥の工房も自然光たっぷり。気持ち良く作陶に集中できるそうです

見せていただいた奥の工房も自然光たっぷり。気持ち良く作陶に集中できるそうです

実は百田さん、昨年さんちで取材した株式会社百田陶園代表の百田憲由さんの弟さんでした。
昨年百田さんのお兄さんにインタビューした記事はこちら:再興のキーは「先人の教えからゼロへの転換」 有田焼30年史に学ぶ

常にムダなく、いいものを。陶悦窯

次はわたしがbowlで見かけて一目惚れした器の製造元、陶悦窯 (とうえつがま) さんへ。

bowl取材中に一目惚れした、陶悦窯さんの蓋つきの器

bowl取材中に一目惚れした、陶悦窯さんの蓋つきの器

昨日晩御飯を食べたお店で、社長の今村堅一さんに偶然お会いしていました。高塚さんとは同じ有田の窯業学校の同窓生だそうです。

高塚さんはこの窯業学校時代に、質・量・価格ともにお客さんを裏切らないための作り手の「企業努力」を知り、衝撃を受けたといいます。

そんな「ムダなく、いいものを作る」有田らしいものづくりをされている窯元の一つが、陶悦窯さんとのこと。

お店のような素敵な玄関です

お店のような素敵な玄関です

ガラス戸に「陶悦窯」の文字

「工場見学って楽しいですよね。私も大好き」と奥さんの今村美穂さんが中を案内くださいました。

土を器の形にしていく成形から、窯入れ、釉薬掛け、絵付けと、器づくりのすべての工程がうまく循環するよう作業場や道具が配備されている

土を器の形にしていく成形から、窯入れ、釉薬掛け、絵付けと、器づくりのすべての工程がうまく循環するよう作業場や道具が配備されている

見学中に見かけた道具

見学中に見かけた道具

これは器の見本。半分だけなのは厚みを見るためだそう

これは器の見本。半分だけなのは厚みを見るためだそう

黙々と手が進む

黙々と手が進む

窯入れ前の器を並べた棚。テトリスのようにムダなく組み上げてある

窯入れ前の器を並べた棚。テトリスのようにムダなく組み上げてある

「器って焼くと小さく縮むんですね。だから、例えば蓋付きの器なら、焼いた時の蓋と本体の収縮の具合が揃わないとうまくかみ合わないんです。

作るのに手間がかかるものなのに、安定して数を作って、価格も手ごろ。そこに至るまでに、どれほどの工夫が積み重ねられているんだろうと思うと、品物を扱うものとして背筋が伸びます」

陶悦窯の今村さんご夫妻

陶悦窯の今村さんご夫妻

もうそろそろ出発の時間です。

ちょっと車で行った丘の上に、素敵なギャラリー。その作家さんが通う酒屋さんは、全国の飲食店が信頼を寄せる目利きのプロ。そのご主人を師と仰ぐ近くの日用品店には、日々この町で当たり前のように行われるものづくりの精神が受け継がれています。

「高級ではなく『贅沢』が有田らしさ」。始まりに高塚さんが言った言葉が思い出されました。

「有田のほんとうの面白さは、ちょっと通りがかるだけだと気付きづらいかもしれません。それがまた日本らしくて興味深い土地で、私はそんな魅力に夢中です」

にっこり笑う高塚さんに手を振って、この2日間で味わった贅沢さをかみしめていました。

<取材協力>*登場順
bowl
佐賀県西松浦郡有田町本町丙1054
0955-25-9170
https://aritasu.jp/

めしや あり菜
佐賀県西松浦郡有田町大野
0955-43-2208

in blue 暁
佐賀県西松浦郡有田町黒牟田丙3499-6
0955-42-3987
http://inblue-akatsuki.com

陶悦窯
http://touetsugama.com

文:尾島可奈子
写真:菅井俊之、藤本幸一郎
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る