さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
地元の人が案内する「さんち旅」

bowl店長・高塚裕子さんと行く有田。1日目はプロが頼る「井上酒店」、窯元御用達「むく庵」へ

投稿日: 2018年5月16日
産地:
編集:
  • LINE

さんち旅は突然に。

「工芸産地を地元の友人に案内してもらう旅」をさんち旅といいます。昨年の春には編集長が、富山でその魅力を存分に堪能していました。

編集長の記事はこちら:編集長・中川淳がさんち旅を薦める4つの理由。富山をCHILLING STYLE・大澤寛さんと旅して改めて感じたこと

この春わたしのさんち旅が突然に始まったのは、日本磁器発祥の地、有田でのこと。

その日訪ねたのは1か月後にオープンを控えた「bowl (ボウル) 」というお店でした。有田の器も扱いながら全国から目利きした生活道具を揃える日用品店として、4月のオープンを目指して準備を進めている真っ最中です。

bowl
地元の人がちょっとした贈りものを買いに立ち寄ってくれるようなお店にしたい、と全国から厳選した生活道具が並びます

地元の人がちょっとした贈りものを買いに立ち寄ってくれるようなお店にしたい、と全国から厳選した生活道具が並びます

こんな遊び心のあるディスプレイも

こんな遊び心のあるディスプレイも

オープンの経緯やコンセプトを店長の高塚裕子さんに伺ううちに、インタビューは「有田らしさとは?」という話題に。

店長の高塚裕子さん。大分出身。有田の窯業学校を卒業後、結婚を機に波佐見焼で有名なお隣の波佐見町に暮らす。同町で人気セレクトショップ「HANAわくすい」を一から作り上げた手腕を見込まれ、今度のお店づくりを任される

店長の高塚裕子さん。大分出身。有田の窯業学校を卒業後、結婚を機に波佐見焼で有名なお隣の波佐見町に暮らす。同町で人気セレクトショップ「HANAわくすい」を一から作り上げた手腕を見込まれ、今度のお店づくりを任される

「高級ではなく『贅沢』が有田らしさなんです。八百屋や酒屋さんなど、地元の方が利用するお店にこそ有田の真の価値観があります。よかったらぜひ、私の思う有田らしさをアテンドさせてください」

こうして日が暮れてきた有田の町で、高塚さんによる「贅沢」ツアーが始まりました。

取材中に一目惚れしたのが、この蓋つきの有田焼の器。他の日用品の中に、さりげなく有田のものが溶け込んでいます

取材中に一目惚れしたのが、この蓋つきの有田焼の器。他の日用品の中に、さりげなく有田のものが溶け込んでいます

bowlの取材記事はこちら:世界で有田にしかない。仕掛け人に聞く「贅沢な日用品店」bowlができるまで

全国の飲食店が信頼を寄せるプロフェッショナル。井上酒店

「井上さんみたいなお店にしたい。私の憧れです」

そう案内してくれたのはbowlから車で5分ほどの距離にある一軒の酒屋さん。

井上酒店

お店に入ってまず目に飛び込んできたのは、あちこちに積み上げられたダンボールの箱、箱、箱。ほどなく集荷の車が来て、慣れた様子で20以上はある荷物を運んで行きました。

箱が旅立った先は、全国のレストランやホテル、旅館。

各地の良質なお酒を揃え、管理の難しい日本酒をベストコンディションで扱える井上さんに、全国の飲食店が目利きを頼んでいるのです。ちなみに先ほどの大量の出荷は本日2回目だそう。

大正時代から続く井上酒店の3代目、井上信介さん。お酒は全て蔵元に直接出向き、長い時間をかけて顔の見える関係を築いてから仕入れる。選ぶ基準は、究極は作っている「人」だそう

大正時代から続く井上酒店の3代目、井上信介さん。お酒は全て蔵元に直接出向き、長い時間をかけて顔の見える関係を築いてから仕入れる。選ぶ基準は、究極は作っている「人」だそう

「お酒はもちろん、何気なく置かれている仕入れの食品まで、井上さんの選んだものは何を買っても安心で美味しいんです」

「無農薬無添加は当たり前」という、井上さんの目にかなった食品だけが置かれる

「無農薬無添加は当たり前」という、井上さんの目にかなった食品だけが置かれる

もともと井上商店のファンだったという高塚さん。「自分が信じるいいものを背景からしっかり伝えていくことが大事」と井上さんが語ると、「道具も一緒です」と強くうなずきます。

「例えば一万円する箒が、なぜその値段になるのか。高い、で終わらせずに理由がわかれば、暮らしの中でものを選ぶ『選択肢』が広がっていきますよね」

お酒も、道具も一緒ですねと話がはずむ

お酒も、道具も一緒ですねと話がはずむ

井上さんに信頼を寄せるのは高塚さんだけではありません。インタビュー中も次々とお客さんがお酒を買いにやってきます。遠方から車でわざわざ「お酒を切らしちゃって」と来る人もいるそう。

「こういう集まりがあって」などお客さんの話を聞き、会話しながらベストの1本を絞り込んでいく井上さん。常連さんは来た時の顔の表情でセレクトを変えることもあるという

「こういう集まりがあって」などお客さんの話を聞き、会話しながらベストの1本を絞り込んでいく井上さん。常連さんは来た時の顔の表情でセレクトを変えることもあるという

その中の一人を認めて高塚さんが、

「あ!こんにちは」

と声をかけました。

聞けば近くにギャラリーを構える作家さんだそう。

「すごくかっこいい焼き物を作られるんですよ」と高塚さん、井上さんが口を揃えます。なんと焼き物の町らしい出会い。

最後にはわたしたちも常連さんにならって、

「こういうお酒が好きなんですが‥‥」

と、井上さんに1本お酒を見立ててもらうことに。思いがけないお土産を手に入れて、ほくほくとお店を後にしました。

窯元の社長さんも御用達。むく庵

「ああ、むく庵さんなら何でもうまいよ。いってらっしゃい」

と井上さんに背中を押されて向かった晩御飯のお店は、表通りから細い横道を入ったところにありました。

むく庵

先頭の高塚さんがお店に入ると、「あ!」と声が。

中を覗くと、奥の座敷で窯元の社長さんたちがちょうど会合中でした。高塚さんとはもちろん顔見知りです。

奥の座敷で有田焼の窯元さんたちが宴会中。ふらりと訪ねたら、そんな光景に出会えるかもしれません

奥の座敷で有田焼の窯元さんたちが宴会中。ふらりと訪ねたら、そんな光景に出会えるかもしれません

「お店の準備はどう?」「もう1ヶ月切りました」と高塚さんが言葉を交わすうちのお一人は、まさに昼間、bowlで一目惚れした器を作られている窯元の社長さん。こんな形で作り手さんに出会えるなんて。

有田のこと、お店のこと、お酒を交わしながら尽きない話題に、明日もお昼ご飯をご一緒することを高塚さんと約束して、さんち旅の夜が更けていきます。

*2話目に続きます。お楽しみに。
その日仕入れた材料を生かした創作メニューが並ぶ。締めには「焼きちゃんぽん」を注文

その日仕入れた材料を生かした創作メニューが並ぶ。締めには「焼きちゃんぽん」を注文

<取材協力> *登場順
bowl
佐賀県西松浦郡有田町本町丙1054
0955-25-9170
https://aritasu.jp/

井上酒店
佐賀県西松浦郡有田町白川1-1-1
0955-42-3572
http://inoue-saketen.com/

むく庵
佐賀県西松浦郡有田町本町丙819-1
0955-42-5083

文:尾島可奈子
写真:菅井俊之、藤本幸一郎
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る