さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

産地の工芸品

佐賀

肥前

からつやき 唐津焼

  • LINE

概要

佐賀県唐津市を中心に作られている陶器。国の伝統工芸品。ざっくりとした粗い土を使った素朴な風合いと多彩な装飾技法が特徴。強い主張を持たないことから、お茶や料理、花などを引き立てる「用の美」を備えた器としても人気がある。

茶道の世界では古くから「一楽二萩三唐津」と言われ、茶人たちから愛される茶陶として地位を確立。一方、日用雑器も多く作られ、唐津港から積み出されたものは京都・大阪をはじめとする西日本に広がり、「からつもの」と呼ばれ親しまれてきた。一度は衰退したものの、人間国宝・中里無庵(なかざと むあん)の功績により復活した。

歴史

唐津焼の起源は諸説あるが、1580年(室町時代)頃、岸岳城(きしたけじょう)城主・波多氏の領地で焼かれたのが始まりと言われている。その後、豊臣秀吉による朝鮮出兵の際に、朝鮮から連れられてきた陶工たちにより「登り窯」「蹴りろくろ」「釉薬(ゆうやく)」などの技術が日本で初めて伝えられ、発展、生産量を増やしていく。唐津港から積み出された唐津焼は京都・大阪をはじめとする西日本に広がり、東日本では焼き物のことを「せともの」と呼ぶように、西日本では「からつもの」と呼ばれた。

また、茶陶が千利休の茶席に用いられたことや古田織部をはじめとする茶人たちに愛されたことなどから、茶道の世界では「一楽二萩三唐津」と格付けされ、多くの名品が残されている。

江戸時代には藩の御用窯として発展するものの、明治以降、藩の庇護を失い、衰退の一途をたどる。

昭和初期、中里無庵により、古窯の調査や技法が再現され、復活。現在、70以上の窯元があり、先人たちの技を継承しながら、新たな作品作りに取り組んでいる。

唐津焼には様々な装飾技法があるのも特徴。鬼板と呼ばれる鉄溶液で草木や花、鳥などを描き、釉薬をかけて焼き上げる「絵唐津」。

唐津焼

絵唐津

黒色の鉄釉と乳白色の藁灰釉を掛け分けた「朝鮮唐津」。朝鮮の李朝三島の技法で、印花紋、線彫などの文様を施した「三島」。鉄分の多い土に藁灰釉を掛けることで、表面に青や黒の斑紋が現れる「斑唐津(まだらがらつ)」。半乾きの素地に化粧土を掛け、さらに灰釉などを掛けて焼く「粉引き(こひき)」などがある。

唐津焼吉永サダム

吉永サダム作:粉引面取マグ

唐津焼吉永サダム

吉永サダム作:内粉引五寸プレート

制作は分業ではなく、生地作りから成形、絵付け、窯焼き等、全ての工程を作家自ら一貫して行うことが多い。唐津焼は土の特徴が作品に現れるため、原料を近隣の山から採取することからはじめる。成形には、「蹴りろくろ」を使う方法と、輪積みした粘土の内側に当て木をして、外側から叩く「叩き技法」のほか、「板おこし」、「紐づくり」などがある。「絵唐津」「斑唐津」「叩き技法」は中里無庵により蘇った。

唐津焼吉永サダム
  • LINE
関連する工芸の知識

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る