さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
ハレの日を祝うもの

佐賀には人々に愛される鬼がいる?!鹿島の「浮立面」づくりの工房を訪ねて

投稿日: 2018年2月11日
産地:
  • LINE

日本人は古くから、ふだんの生活を「ケ」、おまつりや伝統行事をおこなう特別な日を「ハレ」と呼んで、日常と非日常を意識してきました。晴れ晴れ、晴れ姿、晴れの舞台‥‥清々しくておめでたい節目が「ハレ」なのです。

こちらでは、そんな「ハレの日」を祝い彩る日本の工芸品や食べものなどを紹介します。

佐賀県鹿島市で親しまれる鬼の面

「鬼」というと、節分や昔話の鬼退治など「追い払うもの」「悪者」というイメージが付いて回りますが、鬼に親しみを持って大切に扱う地域があります。

佐賀県鹿島市。この地には、鬼面をつけて集団で舞う「面浮立 (めんぶりゅう) 」が多く残っており、重要無形民族文化財に指定されています。現代では、秋に五穀豊穣を祈り奉納されています。

そう、神さまや天に向かって鬼が舞うのです。

面浮立は、笛、鉦、太鼓などの囃子に合わせて舞います。佐賀県南西部の伝統芸能で、五穀豊穣、雨乞祈願、奉納神事などの祭典や特別な行事の際に行われてきました

面浮立は、笛、鉦、太鼓などの囃子に合わせて舞います。佐賀県南西部の伝統芸能で、五穀豊穣、雨乞祈願、奉納神事などの祭典や特別な行事の際に行われてきました

面浮立は、戦で鬼面を被って奇襲をかけ、敵方を翻弄し勝利を収めたことが始まりとの言い伝えがあります。鬼が敵を追い払ったのですね。

この鬼は決して人に害を及ぼすことはなく、人々の生活を守り、悪霊を退治する存在として親しまれ、大切に扱われてきました。

鬼面と「シャグマ」と呼ばれる麻や馬の毛で作られたたてがみを付けて舞います

鬼面と「シャグマ」と呼ばれる麻や馬の毛で作られたたてがみを付けて舞います

地域ごとにお囃子のメロディや振り付け、面や衣装は少しずつ異なります

地域ごとにお囃子のメロディや振り付け、面や衣装は少しずつ異なります

「浮立」は「風流」が語源とも言われ、美しく勇壮な舞が表現された言葉なのだそう。このときに踊り手がつける鬼面を「浮立面 (ふりゅうめん) 」と言います。

浮立面は雌・阿 (左) と雄・吽 (右) で一対となっている

浮立面は雌・阿 (左) と雄・吽 (右) で一対となっています

行事で使う浮立面は地域ごとに保管されていますが、「魔除け」として家に浮立面を飾る習慣も根付いています。現代では、結婚祝いや新築祝いの贈り物として用いられることも多いのだそう。

迫力ある浮立面。たしかに魔除けにぴったりです

迫力ある浮立面。たしかに魔除けにぴったりですね

この浮立面を4代にわたって作り続けている、杉彫工房を訪ねました。

面と向き合いながら形を掘り出していく

木彫師の小森惠雲さん

木彫師の小森惠雲 (こもり けいうん) さん

浮立面を間近に見ると、その立体感、厚みに驚きます。

壁にかけられた浮立面。地域によって少しずつデザインが異なる。また、地位による色分けもあるのだそう

壁にかけられた浮立面。地域によって少しずつデザインが異なります。また、地位による色分けもあるのだそう

こちらは明治時代に作られたもの

こちらは明治時代に作られたもの。ちなみにこの大きな鼻の穴が面をつけた時の覗き穴となります

「浮立面は伝統工芸品なので、自己流の創作ではなく、元の姿を忠実に受け継いで作る必要があります。地域ごとのデザインを次世代につないでいくことが私の役割です。

立体感があるので、彫るには面をよく観察することが重要になります。左右のバランスを取るにも、定規で測っただけではその通りになりません。数字だけに頼ると位置がずれてしまう。

正面からだけでなく、上から、後ろから眺める。そうしてバランスを確認して彫っていく。木目によっても印象が変わるので、それも考慮します。

長年掘り続けることで、この勘所を磨いていきます」と当主の小森惠雲さん。

地域ごとに顔の幅や表情が異なる浮立面。少しの削り角度や削り位置の違いで全く異なるものになってしまうのだそう。実際に彫る様子も見せていただきました。

乾燥させて切り出した木に、まずは面の輪郭を描き削り出します

乾燥させて切り出した木に、まずは面の輪郭を描き削り出します

かなりの厚みです

かなりの厚みです

少しずつ掘り出して鬼の顔を浮かび上がらせていきます

少しずつ掘り出して鬼の顔を浮かび上がらせていきます

100種類以上の道具を使い分けて削り出すのだそう

角度や形、奥行きに合わせて、100種類以上のノミを使い分けます

ヤスリがけ等せず、仕上げまで全てノミだけで行い滑らかにしていくところが腕の見せ所

ヤスリなど使わず、全てノミだけで削り出してなめらかに仕上げていくのだそう

「鬼」は自分の中にあるもの

「鬼ってなんだと思いますか?」

小森さんに問いかけられました。小学校で浮立面の指導をするときに、子どもたちにもまずこの言葉を投げかけるのだそう。

「鬼は、一説には『隠 (おぬ) 』や『隠形 (おんぎょう) 』を語源として『おんに』になり、『鬼 (おに) 』となったといわれています。目に見えない、この世ならざるものや恐怖などを具現化したものが鬼なんですね。

天災や疫病などの思い通りにならないもの、自分の都合の悪いこと、己の中にある悪の気持ち、その全てが鬼と言えます。言い換えると、その姿を通してその存在に気づかせてくれるものでもあります。

例えば節分では『鬼は外、福は内』と言いますが、鬼は追い出されてそのままではかわいそうでしょう。自分の中の鬼を一度外に出して、その存在に気づいて、良い鬼 (福) に変えて心の内に返す。

恵方巻きを食べて、ただ待っていても物事は良くはならないですよね。自分の心を改めることが大切なのだと思うのです。

人間には煩悩がたくさんあるから、自分さえ良かったらいいという人もいるかもしれない。でもこうやって考えて、少しずつ自分の心を変えていったら、もっと世界は良くなると思うのです。

それに気づかせてくれるのが鬼なんだと私は考えています」

毎年、小学生が作る紙粘土の浮立面。自作の面を運動会で踊る際に被ります。小森さんの作った型を使って形を作り、色を塗るのだそう

小学生が作る浮立面。毎年、運動会で自作の面を頭にかぶって踊るのが恒例となっています。小森さんの作った石膏型を使って紙粘土で形を取り、色を塗って仕上げます。親子で参加して鬼のことを一緒に学ぶ機会になっているそうです

「お面は、顔の印象や表情をデフォルメしたものです。恐怖の表現から鬼は生まれていますが、浮立面も元は人間かもしれないと思うことがあります。鬼の顔から、ツノとキバを取ってみてください。可愛らしい顔なんですよ。

人間と変わらない。笑顔にすら見えるものもあります。地域によって色々な表情があるので、向き合っていると、怖い顔もあれば、寂しそうな顔の面にも出会います」

「自分の内なる鬼を見つけて取り出し、良いものにして己の中に戻す」

鬼面と向き合い続ける小森さんの言葉が印象的でした。

鬼は私たちが自分を省みる機会を作ってくれているのかもしれない、佐賀の人々の鬼との向き合い方に触れて鬼へのイメージが少し変わりました。

今度は秋に、面浮立を見にまたこの地を訪れてみようと思います。

<取材協力>
杉彫
佐賀県鹿島市古枝甲1221-1
0954-62-9574

文・写真:小俣荘子
面浮立・浮立面 画像提供:鹿島市
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る