さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

飛騨高山郷土料理 京や

多彩な飛騨高山の郷土料理に舌鼓

産地:
タグ:
編集:
  • LINE

新潟から移築してきたという古民家を改築した店内で、飛騨牛や朴葉味噌にとどまらない、多彩な飛騨の郷土料理を味わえる。例えば「漬物ステーキ」は、冬に野菜が採れなくなる飛騨で、少しでも暖かく野菜を味わおうと漬物を玉子でとじたもの。「ころいも」は間引いた芋をもったいないからと保存し、皮ごと甘辛く炊いたもの。霜が降りてからでないと採れないという飛騨ネギを使った「ネギ焼き」は、ネギの芯と外側とを別々に分けて焼くのが通の食べ方だ。
外国人観光客にも人気の店内は、いつも様々な言語が飛び交う。時代も国籍も超えて愛される飛騨高山ならではの郷土料理を、ゆっくりと味わいたい。

京やの外観

暗い中でも建物の立派さがうかがえる

立派な店構え

立派な店構え

店内のお品書き

店内のお品書きには見たことのない料理名がずらり

お店自慢の、A5ランクの飛騨牛を網焼きで。飛騨牛は「溶けるような口当たりもありつつ、しっかりと肉らしい食べ応えがあることが良さ」とのこと

お店自慢の、A5ランクの飛騨牛を網焼きで。飛騨牛は「溶けるような口当たりもありつつ、しっかりと肉らしい食べ応えがあることが良さ」とのこと

飛騨を代表する郷土料理、朴葉味噌

飛騨を代表する郷土料理、朴葉味噌

漬物ステーキ。冷めないうちに食べてね、の言葉通り出来立てを急いでほおばると、アツアツの卵とじの中にシャキシャキとした白菜の歯ごたえ。あっさりしているので、濃いめの朴葉味噌と好相性

漬物ステーキ。冷めないうちに食べてね、の言葉通り出来立てを急いでほおばると、アツアツの卵とじの中にシャキシャキとした白菜の歯ごたえ。あっさりしているので、濃いめの朴葉味噌と好相性

ころいも。一口サイズでついついお箸が進む

ころいも。一口サイズでついついお箸が進む

ネギ焼き。囲炉裏席で頃合いを見ながら外側と芯を別々に焼く

ネギ焼き。囲炉裏席で頃合いを見ながら外側と芯を別々に焼く

飛騨高山郷土料理 京や

所在地:岐阜県高山氏大新町1-77
TEL:0577-34-7660
URL : http://www.kyoya-hida.jp/
■営業時間:11:00-22:00
■定休日:毎週火曜
タグ:
編集:
  • LINE
同じ産地の見どころ

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この見どころの産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る