さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
愛しの純喫茶

飛騨高山の純喫茶「飛騨版画喫茶ばれん」 春慶塗の器で味わう一口サイズの贅沢

投稿日: 2017年12月13日
産地:
タグ:
編集:
  • LINE

こんにちは。ライターの岩本恵美です。

旅の途中でちょっと一息つきたい時、みなさんはどこに行きますか?私が選ぶのは、どんな地方にも必ずある老舗の喫茶店。

お店の中だけ時間が止まったようなレトロな店内に、煙草がもくもくしていたり。懐かしのメニューと味のある店主が迎えてくれる純喫茶は密かな旅の楽しみです。

旅の途中で訪れた、思わず愛おしくなってしまう純喫茶を紹介する「愛しの純喫茶」。今回は、飛騨高山の版画文化に触れられる「飛騨版画喫茶ばれん」を訪ねます。

歴史ある町家で、版画に囲まれてひと休み

JR高山駅から徒歩10分。古い町並みの一つ、三町伝統的建造物群保存地区の目抜き通りに「飛騨版画喫茶ばれん」はあります。

飛騨版画喫茶ばれん外観

ここは約400年前の商家の面影を残す、この町で最も古い建物なんだとか。明治8年の大火で燃えてしまった家屋が多い中、この町家には天保6年と記された柱も残っているといいます。

「このあたりの家は軒先が低くて、家の奥へ行くほど天井が高くなっているの。軒の高さを陣屋(昔のお役所)より高くしてはいけなかったからなんです」と、店主の中村隆夫さんが教えてくれました。

飛騨版画喫茶ばれん 店主・中村さん

店主の中村隆夫さん。海外の友人からこの建物を絶賛されたこともあり、喫茶店にしたそう

どの席にしようかなと見渡すと、店内の壁には版画作品がいっぱい。どれも地元の作家の方々による作品です。

展示されている作品のほとんどは購入できるというので、ギャラリーの中に喫茶店があるかのようです。

飛騨版画喫茶ばれん1階
飛騨版画喫茶ばれん
飛騨版画喫茶ばれん

2階から吹き抜けを見下ろした光景。力強い大型版画は地元の中学生たちによる卒業制作

飛騨高山のモノクロームな美意識

「でも、そもそもなぜ版画?」

この疑問を中村さんにぶつけてみると、「木の国でもある飛騨高山では版画美術がさかんで、学校でも熱心に教えるほど。この土地に根付いているものなんです」とのこと。

さらに、木材の黒と漆喰壁の白から成る飛騨高山の家屋、木造家屋の黒と雪の白が織りなす冬の景色が、白黒版画の美的感覚に通じるものがあるといいます。

「版画は飛騨高山の伝統的な町並みを邪魔しないもの。しかも、こうして店内に飾れば作家さんを応援することもできますよね」

店内の版画作品を見つつ、このあたりに並ぶ町家で2階に上がれるチャンスはめったにないので、階段を進みます。

飛騨版画喫茶ばれん

階段にも版画

飛騨版画喫茶ばれん

2階は、天井は低くても長居したくなる居心地の良さ

「ちょっとずつ」が贅沢な楪子甘味

腰を下ろしてひと息ついたら、小腹も空いてきた様子。メニューをながめていると、ちょっと変わったものを発見しました。その名も「楪子 (ちゃつ) 甘味」。

「ちゃつ」とは、精進料理やお茶席で使われる漆塗りの木皿とのこと。高山では、お祭りのときに客人に料理をふるまうために使われ、昔はどの家にも50~100枚ほど木箱入りで必ずあったのだとか。

一度に何軒も挨拶に回るお客さんのために、小さいお皿に赤飯やお刺身、天ぷらなどをのせて出していたといいます。ほどよい食べ切りサイズのご馳走なんて、粋なおもてなしです。

今ではそうした文化は廃れてしまったものの、中村家で代々使っていた春慶塗の楪子を再活用して生まれたのが、甘味を少しずつ盛った「楪子甘味」だそう。

飛騨版画喫茶ばれん「楪子甘味」

緑茶がついた楪子甘味セット (900円) 。コーヒーセットは1100円

飛騨版画喫茶ばれん 楪子甘味

北海道産の大納言小豆を使用したぜんざいに、白玉、栗の甘露煮、きな粉と抹茶のわらび餅が少しずつ楪子にのせられて運ばれてきました。

甘すぎない小豆に、もちっとした白玉をほお張ったら、「次はぷるんとしてそうなわらび餅にしようかな。きな粉と抹茶どっちにしよう?」なんて迷えるのも「楪子甘味」ならではの贅沢です。

ゆっくりとした時間の流れに身を任せて、緑茶をすすりながらボーっとするのも至福のひとときです。あともう少しだけ休んだら、もうひと歩き。飛騨高山の版画文化や町家のこと、楪子のことを知ったら、古い町並みがまた違った姿に見えてきそうです。

飛騨版画喫茶ばれん

地元の版画作家の作品を中心に、ポストカードなど雑貨も販売

飛騨版画喫茶ばれん

旅の記念になりそうなお店の版画ポストカードも

飛騨版画喫茶ばれん
岐阜県高山市上三之町107
TEL:0577-33-9201
営業時間:8:30~17:00(12月~3月は9:00~16:30)
定休日:不定休

文・写真:岩本恵美
タグ:
編集:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る