さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

飛騨高山の朝市 宮川朝市

飛騨弁に心和む「市民の台所」

産地:
タグ:
  • LINE

飛騨高山の朝市は、日本三大朝市の一つ。その歴史は古く、1820 (文政3) 年ごろ高山別院を中心に開かれた桑市がはじまりとされる。その後、養蚕業の不振から、明治時代半ばごろから野菜や花などが売られるようになり、市民の台所として地域に根付いた。時代と共に場所を転々と変えながら開かれていたが、現在は2カ所で開催。宮川に架かる鍛冶橋下付近に立つ朝市が「宮川朝市」だ。

毎朝開かれ、新鮮な旬の野菜や果物、四季折々の花々、手づくりの民芸品などをお値打ち価格で販売。日によって出店数はまちまちだが、多い日には30軒以上のテントが連なる。地元の人はスーパー代わりに利用し、国内外の観光客が訪れる観光名所としても有名。漬物や味噌などの加工品もあるので、おみやげ探しにもぴったりだ。

地元の人たちと触れ合えるのも朝市の楽しみ。「よう来てくれんさったな。どこから来た?」と素朴で温かい飛騨弁で話しかけられると、ついつい色んな話をしたくなる。作り手による直売の形だからこそ、商品について直接聞くことができるのも朝市の醍醐味の一つだ。

陣屋前朝市

ねぎや白菜など、飛騨高山産の新鮮な食材が並ぶ

宮川朝市

りんごの種類もこんなにいっぱい

宮川朝市

飛騨高山名物の漬物も種類豊富にそろう

飛騨高山の朝市

手づくりのさるぼぼは、一つひとつ微妙に表情が違うのが魅力

飛騨高山の朝市 宮川朝市

場所:鍛冶橋から弥生橋までの宮川沿い
URL:http://www.asaichi.net
営業時間:7:00~12:00(12月~3月は8:00~12:00)

2017年12月現在
タグ:
  • LINE
同じ産地の見どころ

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この見どころの産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る