さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
産地で手に入れる暮らしの道具

使ってみました。飛騨が生んだ調理道具、有道杓子 (奥井木工舎)

投稿日: 2018年1月13日
産地:
編集:
  • LINE

こんにちは。さんち編集部の尾島可奈子です。

各地の取材で出会う暮らしの道具。作っている人や生まれる現場を知ると、自分も使ってみたくなります。

この連載では、産地で見つけた暮らしの道具のものづくりの様子と、後日、暮らしに持ち帰って使ってみた体験の両方を、まとめていきたいと思います。

今回は、使ってみた編。

道具は先日飛騨高山特集でものづくりの様子をご紹介した奥井木工舎の有道杓子 (うとうしゃくし) です。主に煮物や鍋料理に使います。

かつて飛騨の有道村で作られていたという、地域独特の調理道具です

かつて飛騨の有道村で作られていたという、地域独特の調理道具です

実は私自身はもともと、料理する頻度は少ない方です。調理道具に特にこだわりも持っていませんでした。

けれども見た目の美しさや奥井さんのものづくりに触れて、思わず「ひとつください!」と買い求めてから1か月と少し。鍋に七草がゆ、おしるこ‥‥と日々、少しずつ暮らしの中で使ってみた様子をお届けします。

使いたくなった理由

ものづくり取材で印象的だったのが、すくい部分の波のような模様でした。

実はこの凹凸が、調理の時のポイントに

実はこの凹凸が、調理の時のポイントに

凹凸は飛騨特有の道具「曲がり鉋」で削り出されます

凹凸は飛騨特有の道具「曲がり鉋」で削り出される

この凹凸が具材との当たりを和らげ、身を崩さずにしっかりキャッチする役目を果たすとのこと。まずはお鍋で使ってみることにしました。

使う前はこんな感じです

私が買い求めたのは大のサイズ。持ち手は長くしっかり太めです。一般的な金属の「おたま」を使いなれているとやや大きく感じます。2、3人前をつくる鍋に合いそうです。

持ち手は台形になっていて、持った時に安定感があります

持ち手は台形になっていて、持った時に安定感があります

水でさっと洗うと、不思議と生木の元の姿に戻ったように、生き生きと黄色みが増します。

まずは、鍋料理。しらたきで違いに気づく

今日はお豆腐と肉団子の鍋です

今日はお豆腐と肉団子の鍋です

ぐつぐつ、煮えてきました

ぐつぐつ、煮えてきました

いちばん「具材を逃さない」感覚がわかったのが、しらたき。普段なら菜箸でとり分けるところを、他の具材と一緒に杓子ですくい上げられました。

やわらかいお豆腐やしらたきをまとめてキャッチ

やわらかいお豆腐やしらたきをまとめてキャッチ

なんでだろう、と後ですくい部分に触れてみると、内側のくぼみをぐるりと囲むように鉋 (かんな) で縁取りされているのに気付きました。

先ほどと同じ写真ですが、すくい部分の周りが一筆書きに縁取られているのがわかるでしょうか?触れるとキリッと固いです

先ほどと同じ写真ですが、すくい部分の周りが一筆書きに縁取られているのがわかるでしょうか?触れるとキリッと固いです

このわずかな縁取りとすくいの凹凸が程よいストッパーになって、余分な汁は逃しながら具材だけキャッチするのに一役買っているようです。

ほどよく汁気を切るので、やわらかい具材やコロコロする肉団子なども逃げません

ほどよく汁気を切るので、やわらかい具材やコロコロする肉団子なども逃げません

また気に入ったのが、杓子が鍋に当たった時の「コンッ」という音。木ならではの、低くて控えめな音です。

鍋への当たりもやわらか。金属製のおたまで混ぜる時の、「シャリッ」という金属音が苦手な人にもいいかもしれません

鍋への当たりもやわらか。金属製のおたまで混ぜる時の、「シャリッ」という金属音が苦手な人にもいいかもしれません

七草がゆ。土鍋と合わせて、絵になるたたずまいでした

実は人生で一度も作ったことがなかった七草がゆ。せっかく鍋に似合う道具があるんだから、と土鍋も新調してやってみました。

おかゆが炊き上がるまで出番待ち

おかゆが炊き上がるまで出番待ち

完成。やはり、土鍋によく似合います

完成。やはり、土鍋によく似合います

お椀にたっぷりよそいます

お椀にたっぷりよそいます

ごはん用の「飯杓子」も

実は有道杓子にはごはん用の「飯杓子」もあります。

飯杓子

こちらも、ご飯をしっかりキャッチするのにすくい部分の凹凸が活躍します。

一般的なしゃもじよりすくいがやや深いので、ご飯がまとまって取り分けられる感覚がありました。おにぎりを作るときにも便利そう。

おしるこ

鍋、おかゆ、ご飯ときて、最後は冬らしい甘味も。

お鍋の中の様子

すくいが一般的なおたまより浅い分、お味噌汁には向かないという有道杓子ですが、こうしたとろみのある汁ものなら不便なく使えました。「もちろんカレーにも使えますよ」とのこと。

焼いておいたお餅にたっぷりかけて、いただきます

焼いておいたお餅にたっぷりかけて、いただきます

お手入れ方法

水洗いの様子

取材の際に奥井さんから教わったお手入れのポイントは以下の3つ。

・洗い:洗剤なしでOK。汚れが気になる時は、たわしで落とすのがおすすめ
・乾燥:直射日光のあたらない、風通しのいいところで乾かす
・保管:密閉したところにはしまわないこと。通気性のないところにしまうと、カビの原因に!

本当に洗剤なしで大丈夫なのかなぁ。

そう思いながら、まず手でこすってみると、ベッタリくっついているように見えたおかゆやおしるこが、水洗いでするする落ちていきました。

手洗いの様子

そういえば、と思い出したのは、取材時の奥井さんの言葉。

「一般的な木製品が最後に紙やすりで仕上げるのと違って、有道杓子は全体に鉋をかけて表面をなめらかに仕上げるんです。

鉋が繊維のささくれを平らげるので、水や汚れが繊維の中に入りにくくなるんですよ」

まだ使い始めということもあるかもしれませんが、教わったことが確かに手の中で実感できたようで嬉しかったです。

飯杓子についたご飯つぶは手強かったので金たわしの力を借りて、洗い完了。あとはよく乾かします。

乾燥中のところ

何度か使った後も、今のところにおいや色移りはありません。使い終わったらすぐ洗う、を気をつけていれば、長く良い状態で使えそうです。

取材した工房にて。左が作り途中、真ん中が完成品 (大) 、右が奥井さんのご家庭で数年使われている有道杓子 (小) 。使うごとに木の繊維が少しずつ油分を含み、木工でいうオイルフィニッシュのようになるそう

取材した工房にて。左が作り途中、真ん中が完成品 (大) 、右が奥井さんのご家庭で数年使われている有道杓子 (小) 。使うごとに木の繊維が少しずつ油分を含み、木工でいうオイルフィニッシュのようになるそう

使ってみた編、いかがでしたでしょうか。

もちろん金属製のおたまにも、お味噌汁に鍋にと幅広く使える、すぐ乾くといった良さがあります。

そんな中で煮炊きのために作られた「有道杓子」を使ってみたら、鍋だけでなく、「七草がゆも作ろうかな」「せっかくなら土鍋で」「おしるこはどうかな」と、料理不精の私が新しい料理にチャレンジしてみようと思う変化がありました。

道具が変わると、その周りから暮らしが変わっていく。今回の大きな発見です。

春にはきっと、奥井さんのご家庭では定番のジャム作りに、この有道杓子が活躍するのだろうと思います。

<取材協力>
奥井木工舎
https://mainichi-kotsukotsu.jimdo.com/

文・写真:尾島可奈子
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る