さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

真工藝

飛騨の版画文化を土台にしたものづくりに触れる

産地:
タグ:
  • LINE

1972 (昭和47) 年の創業以来、木版画を基調にした工芸品を製作する工房。店舗も併設しており、飛騨高山の祭りや日々の暮らしを版画にした版画皿、版画技術を応用した木版手染ぬいぐるみなどの雑貨が並ぶ。木版手染ぬいぐるみは、干支シリーズのほか、山鳥や川魚など飛騨高山の豊かな自然を感じられるシリーズも。

江戸時代から続く飛騨の夏の風物詩「松倉絵馬市」 (毎年8月開催) では、和紙でできた紙絵馬も製作。飛騨高山で育まれてきたものづくりの一端を垣間見ることができる場所だ。
古い町並みの上三之町には真工藝専門店の「住真 (すみしん) 」も。散策がてらのおみやげ探しにおすすめだ。

真工藝の木版手染ぬいぐるみ

独自技術の木版手染によるぬいぐるみ。左は福を招くという「陣屋福猫」、右は初代干支シリーズの戌を復刻した「ごめんね犬」(いずれも1,004円)

市内の飲食店や土産物屋のレジで、釣り銭トレイとしてもよく見かけた版画皿

真工藝の紙絵馬

店舗入り口には、紙絵馬の姿も

真工藝

十二支のポチ袋やポストカードも販売

真工藝 外観

風情ある町家を店舗にした「真工藝」

真工藝

所在地:岐阜県高山市八軒町1-86
TEL:0577-32-1750
URL : http://shinkougei.sblo.jp/
営業時間:10:00~18:00
定休日:火曜日
2017年12月現在
タグ:
  • LINE
同じ産地の見どころ

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この見どころの産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る