さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

「完成度まだ3割」甲子園球場、あのツタの壁を育てる仕事 グラウンド整備だけじゃない、阪神園芸の別の顔

投稿日: 2018年9月5日
産地: 阪神
編集:
  • LINE

記念すべき100回大会を終えた高校野球。10月には、活躍を見せた選手たちのプロ野球ドラフト会議も控えています。

熱戦の16日間、球児たちや観客が去った夕方からひっそりと仕事を始める人の姿が、甲子園球場にありました。

甲子園球場、ツタの壁

阪神園芸株式会社の松本匡司 (まつもと・まさし) さん。33歳。

阪神園芸の松本匡司さん

阪神園芸といえばその卓越したグラウンド整備が有名ですが、実際の仕事はもっと幅広いものです。

グラウンド整備で知られる阪神園芸の、別の顔

商業施設や集合住宅などの緑地づくり、公園の管理、そして甲子園球場をはじめとした運動施設の維持管理など。

中でも「園芸」の名にふさわしく、なおかつ甲子園球場らしい仕事が、風物詩となっている「ツタの壁」の管理です。

甲子園球場のツタの壁

1924 (大正13) 年冬、球場の設立から半年ほど遅れて植栽が始まったツタの壁は、平成に入るまで80年以上成長しつづけ、広げた葉の面積はなんとタタミ8000畳分。

2006年、球場リニューアルに伴って伐採されたのち、2009年に再びツタの植栽がスタート。再出発から今年で9年が経ちます。

ツタの壁の育て方

「実はリニューアル前と後では、ツタの管理の仕方も、道具も違うんですよ」

松本さんが常に携帯している仕事道具

松本さんが常に携帯している仕事道具

松本さんは2004年、大阪府立園芸高等学校を卒業と同時に阪神園芸に入社。ツタの管理には新人の頃から携わってきました。

再植栽が始まってから1年後の2010年より「ツタの壁」の管理責任者に就任。リニューアル前と後、両方の姿を見てきた一人です。

阪神園芸の松本さん

日々の主な仕事は剪定と水やり。松本さんの指示のもと、社内で当番を組み作業に当たります。

改装前のツタは二層三層に壁を覆っていたため、成長させるよりも現状を保つことが仕事のメインだったそう。いまは、まだか細いツタをより太く、より遠くへ伸ばし「成長させる」ことが一番の課題です。

現在の壁の様子。まだ2階、3階部分にはツタが十分に行き渡っていません

現在の壁の様子。まだ2階、3階部分にはツタが十分に行き渡っていません

同じ剪定と水やりでも、勝手が違うと言います。

「リニューアル前は腕くらいの太さの茎もあって、看板や窓枠に絡みついていくものを思いっきり剪定していく感じだったんですが、今はまだ茎も細くて繊細なんです。前より優しく手入れしてやる感じですね」

リニューアル前のツタは、このような大きな鎌で手入れをしていたそうです

リニューアル前のツタは、このような大きな鎌で手入れをしていたそうです

現在は、この「木ばさみ」でツタを一本一本手入れしています

現在は、この「木ばさみ」でツタを一本一本手入れしています

枯れた太い茎などには剪定ばさみを使用。場所によって道具を使い分けています

枯れた太い茎などには剪定ばさみを使用。場所によって道具を使い分けています

立ち会った剪定作業の説明をしながら、松本さんは素早く不要な葉を摘み、手を休めません。

剪定前にまず「脈を見る」と壁を見上げる松本さん。健康具合を、ツタごとに見分けていく

剪定前にまず「脈を見る」と壁を見上げる松本さん。健康具合を、ツタごとに見分けていく

葉裏を見て、状態を瞬時に判断していく

葉裏を見て、状態を瞬時に判断していく

ボコボコと凹凸している茎の先端部分。実は表面が吸盤状になっており、少しの助けさえあれば、成長しながら自然と壁にくっついていくという

ボコボコと凹凸している茎の先端部分。実は表面が吸盤状になっており、少しの助けさえあれば、成長しながら自然と壁にくっついていくという

足元には摘まれた葉っぱが。そのまま腐葉土として土の栄養になる

足元には摘まれた葉っぱが。そのまま腐葉土として土の栄養になる

ツタの成長とともに、球場の安全も守る

「こういうところは注意が要るんですよ」と示されたのは、場内アナウンスを流すスピーカーや電気系統の操作盤が設置されている壁。

操作盤のところで何か作業をする松本さん

操作盤のところで何か作業をする松本さん

ツタはスピーカーや操作盤にも絡みつきます。漏電などを引き起こさないよう、細かく取り除いていかなければなりません。

ツタは壁に設置されているスピーカーや電気系統の操作盤にも絡まる。漏電などにならないよう、細かく取り除いていかなければならない
細やかな点検がツタの成長と球場の安全を守る

細やかな点検がツタの成長と球場の安全を守っています。

採光を妨げないよう窓まわりのツタもきれいに取り除かれます。緑に白い窓枠が美しく映えていました

採光を妨げないよう窓まわりのツタもきれいに取り除かれます。緑に白い窓枠が美しく映えていました

生やしてみてわかった、ツタの壁の思わぬ効果

そもそも、なぜツタは球場を覆っているのでしょう。

甲子園球場のツタの壁

「以前の球場はコンクリート壁でした。それだと殺風景だからという理由でツタの植栽を始めたようです。ですがリニューアルにあたって剥がしてみたら、壁がとてもきれいな状態で。ツタが壁面を守ってくれていたのだとわかりました」

甲子園球場ツタの壁

試合終了とともに始まる仕事

ツタは夏蔦といって、4月から成長をはじめて夏いっぱい葉を伸ばし、秋には落葉します。

「本当なら春から夏は、水をいっぱい与える時期。ただ、ちょうどそのころは、プロ野球や高校野球のオンシーズンに当たるんですね」

水やりには給水タンクやポンプを積み込んだトラックで球場をまわります。多くのお客さんで賑わう試合前やゲーム中は、「せっかく楽しみにきてくれているので」雰囲気を壊してしまわないよう、作業は控えるそうです。

必然的に、手入れができるのは試合のない日や、試合後の時間帯。

人気のなくなった夕方の球場に、松本さんの後ろ姿が

人気のなくなった夕方の球場に小さく、壁と向き合う松本さんの後ろ姿が

連日試合の続く高校野球の場合は、その日の最終試合のゲームセットが、松本さんの仕事開始の合図です。

試合が延長戦ともなれば、作業は夜遅くに及ぶことも。しかしどんなにスタートが遅くなっても、「明日にしよう」はないと言います。

「必要な時に十分に栄養を与えてあげないと。成長中のツタは繊細なので、一箇所でも具合が悪いと、あっという間にそのツタ丸ごと枯れてしまうこともあるんです」

甲子園球場のツタの壁を手入れする、阪神園芸の松本さん

球場一周でツタは300株以上。それぞれの状態に合わせた手入れは想像するだけで気の遠くなるような作業ですが、成長期間が限られるからこそ、一日一日の手入れが真剣勝負です。

ツタの見守り365日

仕事は季節ごとに少しずつ変わります。

春はカラスが天敵。巣作りのためなのか、ツタをついばみに来るのだそうです。

市販されている鳥よけのネットを使えば話は早いのですが、球場の顔とも言えるツタの壁、せっかくの景観を損ねてしまうので、細かく見回りをして防ぐしかないとのこと。

また、夏から秋にかけての台風シーズンは、大雨や強風でツタが壁から剥がれてしまわないよう、細いワイヤーを壁に巡らすなど事前の手当が欠かせません。

そして成長の止まる冬には、葉がまんべんなく球場を覆っていくようツタが伸びる方向を整えて、春を待ちます。

年間を通じた手入れを経て、少しずつ育ってきたツタの壁

年間を通じた手入れを経て、少しずつ育ってきたツタの壁

完成まで30年。成長を続ける甲子園の風物詩

「成長度合いはこの9年で3割くらいでしょうか。僕が定年するころに、やっと球場全面を覆うようになります。それが楽しみで仕方ないですね」

プライベートでは先日お子さんが生まれたばかり。大きくなった時に誇れる仕事をし続けたいと語ります。

「壁の保護とか、緑地管理と言っても子どもには難しいでしょうから、『あのツタは球場を守っているんだよ』と説明しようかなと」

阪神園芸の松本さん。管理している甲子園球場のツタの壁をバックに

もし球場でこんな後ろ姿を見かけたら、それは、そんなツタの壁を日夜守る、松本さんの後ろ姿です。

甲子園球場、ツタの壁を手入れする阪神園芸の松本さん

<取材協力>
阪神園芸株式会社
http://www.hanshinengei.co.jp/

文・写真:尾島可奈子
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る