さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

産地の工芸品

静岡

浜松

えんしゅうおりもの 遠州織物

編集:
  • LINE

概要

もともと綿花の一大産地であった浜松一帯で作られる織物。産元 (さんもと) と呼ばれる産地専門の商社や問屋の元で行うOEM生産を主力に、愛知県の三河、大阪の泉州と並んで三大綿織物産地として発達した。受注生産をメインとしてきた歴史から、織り方や模様に特徴を持たず、幅広い素材、質感の生地作りに対応する高い技術力を持つ。最盛期より産業の規模は縮小しているが、世界的ブランドの生地開発も担う産地として知られる。

歴史

全国でも有数の工業都市である浜松。一帯はもともと近江の琵琶湖に対して浜名湖一帯を遠江 (とおとおみ)と呼んだことから遠州と呼ばれ、温暖で日照時間の長いことから綿の栽培が盛んになり、江戸中期には日本有数の綿花の産地として知られていた。地域では次第に農家の閑散期の副業として機織( はたおり )が発展し、江戸時代後期には市場に売りに出されるようになる。

明治17年には遠州地方に紡績工場が作られ、商人の活躍により明治中頃には販路も拡大され、遠州織物の名は全国に知られるようになる。

さらに明治期、遠州織物が産業として飛躍するきっかけとなったのが、動力織機の発明だ。発明したのは現在の静岡県湖西市に生まれた豊田佐吉。トヨタ創業の祖である。実はトヨタ、スズキといった名だたる自動車メーカーは、もともとこの一帯の織機( しょっき )メーカーとして創業している。世界に知られる日本車の元祖は、遠州織物の発展の中で生まれていたのだ。

その後、化学染料の研究や注染染めによる「浜松ゆかた」の登場、広幅織物の登場など、産業は規模を広げながら発展。綿布自体の需要も伸び、昭和8年には日本の綿布の輸出量が世界一位を記録する。昭和10年代には第二次世界大戦の勃発や東南海地震と、産地にとって苦しい時期が続いたが、昭和25年の朝鮮戦争の特需景気により状況が一転。織り機をガチャンと動かせば万単位のお金になることから「ガチャマン景気」という言葉まで登場した。

昭和30年代には織り染めともに高度な生地が登場して高い評価を得、昭和60年代頃には世界的ブランドの生地開発も担うようになる。一方で日本の繊維産業全体は、この頃から製品の輸入が輸出を上回るようになり、国内の生地生産も拠点を海外に移すようになる。平成に入ると景気後退の打撃を受け、遠州織物は産業の縮小を余儀なくされた。

長らく産元と呼ばれる産地専門の商社や問屋の元でOME生産を行ってきたことで、遠州織物は特定の織り方や模様の特徴を持たず、回転の早いアパレル業界の生地開発にも応えてきた。量やスピードの上では大手メーカーや海外生産に苦戦を強いられてしまう今、技術を磨いてきた機屋が自ら、独自性のある生地を開発、提案していくなどの取り組みも始まっている。

  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る