さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

石松餃子 本店

「浜松スタイル」の原点

産地:
タグ:
  • LINE

2014年から餃子購入額3年連続日本一の浜松市には餃子取扱店300店以上、餃子専門店約80店が軒を連ねる。そのなかで、お皿の上に餃子を円形に並べて中央の空いたスペースに茹でたもやしを置く「浜松スタイル」の元祖と言われているのが、昭和28年 (1953年) 創業の老舗「石松餃子」だ。

本店店長の青山優佑さんによると、初代が一度にたくさんの餃子を食べてもらおうと鉄なべの縁に餃子を並べて焼くようになったのが始まりで、餃子との相性を考えてまんなかに茹でたもやしを置いた。それが広まっていつしか「浜松スタイル」として定着したという。

石松餃子は、産地を厳選した甘みのあるキャベツと臭みのない地元遠州産の豚肉を使用。石松餃子のために作られた特製の酢醤油をつけてパクリと食いつくと、あっさりとしながらもじゅわっとジューシーな口当たりで、ひとつ、ふたつと箸が進む。

青山さんいわく「自分の予想以上にたくさん食べられる」そうで、男性なら一度に20個から25個、女性でも15個程度はペロリといってしまうそう。

野菜の甘みと豚肉の旨味のコラボレーションが絶妙。あっという間に皿の上の餃子が減っていく

石松餃子本店。平日のお昼前にもかかわらず続々とお客さんが入ってきた。女性の姿も多い

石松餃子 本店

所在地:静岡県浜松市浜北区小松1145-1
TEL:053-586-8522
URL : http://www.ishimatsu-gyoza.co.jp/
営業時間: 11:00~14:00、16:30~21:00(L.O.20:45)
定休日:毎週水・木曜日
駐車場:有り
タグ:
  • LINE
同じ産地の見どころ

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この見どころの産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る