さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
今日もおよばれ

染めもの屋さん 加賀谷流のお雑煮

投稿日: 2017年3月21日
産地: 函館
タグ:
  • LINE

こんにちは。さんち編集部の山口綾子です。
今日は美味しいものの話でも。取材やものづくりで訪れる、産地のお店やメーカーさん。そこで、大概「およばれ」に預かります。お茶とお茶うけ。地元の銘菓や駄菓子、そのお家のお母さんが作ったお漬物だったりと、頂くものはいろいろですが、これがまた、とても美味しいのです。普通の旅ではなかなか見つけられない、地元の日常をさんち編集部よりお届けします。

1月15日は小正月

昨日ご紹介した加賀谷旗店さんからお話を伺ったあとに「今日は小正月だから、うちではいつもお雑煮を食べるんですよ。よかったら召し上がっていってください」奥様がそうおっしゃってくださいました。それはもう、いただきます!

ここで小正月のお話を少し。
小正月とは、正月1月15日の行事を指すそうです。時期としては、14日から16日までの3日間ともされ、他にも諸説ありますが、元日から七日までを「大正月」と呼ぶのに対して、「小正月」と呼ばれるようです。この「小正月」までで門松などの正月飾りは片付けられ、お正月の行事は終わりとされています。また別名として、「女正月」(お正月に忙しく働いた女性たちにを休ませるため)「花正月」(餅花という柳の枝に餅を小さく丸めてつける習慣から)などとも呼ばれます。年神様や祖霊を迎える行事の多い大正月に対して、小正月には豊作祈願などの農業に関する行事や、家庭的なものが中心になっているようです。

さて、およばれに戻りましょう。
お正月にふさわしい、華やかなお椀が運ばれてきました。気持ちと身体が前のめりです。お椀の蓋を開けると、ふんわりと柚子の香りが広がり、編集部一同、わぁ…という感嘆の声が漏れます。昆布と鰹節で出汁を取った透明なおつゆの中には、にんじん、ダイコン、鶏肉、エビ、シイタケ、なるとかまぼこ、三つ葉。そして忘れてはいけないお餅!たっぷり具だくさんな内容です。本当に美味しそう。

では温かいうちに、いただきます!…あぁ、冷えた身体に染み渡る美味しさ。お出汁の優しさと、ちょうどよく煮込まれた具材が相まって、コクがありつつも上品なお味。函館に来てから、何をいただいても美味しいものばかり。北海道の昆布の力と奥様の料理の腕ですね。とっても美味しかったです。ごちそうさまでした!

文:山口綾子
写真:菅井俊之

タグ:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る