さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ
愛しの純喫茶

愛しの純喫茶 ~函館湯川町編~ コーヒールームきくち

投稿日: 2017年3月7日
産地: 函館
タグ:
  • LINE

こんにちは。さんち編集部の山口綾子です。
旅の途中でちょっと一息つきたい時、みなさんはどこに行きますか?私が選ぶのは、どんな地方にも必ずある老舗の喫茶店。お店の中だけ時間が止まったようなレトロな店内に、煙草がもくもく。懐かしのメニューと味のある店主が迎えてくれる純喫茶は密かな旅の楽しみです。旅の途中で訪れた、思わず愛おしくなってしまう純喫茶を紹介する「愛しの純喫茶」。第4回目は、1981年創業の老舗コーヒー店、函館市湯川町の「コーヒールームきくち」です。

鮮やかな黄色いタイル

鮮やかな黄色いタイル

遠くからでも目立つ黄色い外壁に、ピンクとブルーのカラフルなソフトクリームの看板(写真は2017年1月当時のもの。今は茶色の看板になっているそうです)も目を引きます。北海道テレビの人気番組「水曜どうでしょう」のロケ地として2001年に放送されてから、さらに名前が広まり、全国からお客さんがやってくるとか。

中はカウンターと広々とした赤いベロアのソファー席。外とは対照的な落ち着いた大人の雰囲気が漂います。おしゃべりに花を咲かせている地元の奥様方が2組ほど。長年、ほぼ毎日来られるという常連さんもいらっしゃるそうです。

ぶどうが描かれたステンドグラス。夜は灯りがともってさらに良い雰囲気に

ぶどうが描かれたステンドグラス。夜は灯りがともってさらに良い雰囲気に

早速、ソフトクリームとコーヒーを注文。バニラ、モカ、ミックスの3種類から選べます。コーヒールームということで、ここはおすすめのモカソフトを注文。

取材時は雪がちらつく1月、マイナス5℃。名物は外せないと思いソフトクリームを注文したものの、少し寒くなるかなあと心配していた私。かたや外の駐車場では、ソフトクリームを買い求める地元の若者の姿が。テイクアウトは店内でいただくよりも少しリーズナブルだそうで、バニラソフトとモカソフトを1人で食べる強者も!さすがです。地元の方々の寒さへの強さをしみじみ感じていると、お待ちかねのソフトクリームがやって来ました。

見目麗しいソフトクリームです

見目麗しいソフトクリームです

薄い茶色のソフトクリームを一口いただきます。想像していなかったシャリっというジェラートのような舌ざわり。美味しい……!ほろ苦いコーヒーの味がちょうど良く、甘すぎない大人の味。
寒さを気にしていたくせに、ソフトクリームはあっという間に半分になっていたのでした。ああ、美味しかった。
このさっぱり感だと夏は当然のこと、冬でも食べたくなるのがわかります。

メニューには喫茶店定番のナポリタンやカレーライス、エビピラフなどの食事も並びます。 函館空港の近くということもあり、飛行機の時間を待つために立ち寄る人も多いとか。

懐かしさがあふれるナポリタン

懐かしさがあふれるナポリタン

隣を見ると、地元の奥様たちもみんなモカソフトを注文されていました。
老若男女に愛されるソフトクリーム、函館の美味しいものは海産物だけではありませんでした。

コーヒールームきくち
函館市湯川町3-13-19
0138-59-3495

文:山口綾子
写真:菅井俊之

タグ:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る