さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

土器ってナンダ?縄文時代の方法で土器をつくるワークショップが開催

投稿日: 2019年11月13日
産地: 岐阜
  • LINE
土器ってなんだ

縄文時代と同じ方法で土器を作ろう

【参加費(全3日)】大人7,500円・大人+子供(小3以上)10,000円
【募集人数】約15名
【締切】2019年11月15日(金)
【WS日程】
・薪集め:2019年11月23日(土・祝)
・作陶:2020年3月1日(日)
・野焼き:2020年4月4日(土)
【Webサイト】https://sogikura.localinfo.jp/posts/7132705
【問合せ・申し込み】曽木くらしのしるべ実行委員会(担当・加藤) sogikura@gmail.com( ※メールに、件名を「土器WS申し込み」として、[1.氏名 2.参加人数 3.電話番号]記入の上、 申し込みください)

「土器ってナンダ?」

そんな問いかけをテーマに、土器にまつわるあらゆる疑問を解決するワークショップが、岐阜県 土岐市にて開催されます。

美濃焼の産地でもあり、多くの陶芸家が暮らす岐阜県土岐市。昨年11月、このエリアで活動する作家たちが中心となり、クラフトイベント「第一回 曽木くらしのしるべ」が開催されました。

その「曽木くらしのしるべ」実行委員会が主催する今回のワークショップ。「縄文時代と同じ方法で土器を作ろう」ということで、薪集めから作陶、野焼きまで、全3日にわたって土器を作っていく本格的な内容になっています。

薪集め

初回は「薪集め」から

土器の作り方だけでなく、使い方も学ぶため、実際に「煮炊き」を行う予定もあるそう。講師には、多治見で活動する作家の鴻義成さんを迎えます。

古代の知恵がつまった土器の魅力を味わいつくすワークショップ。本当に貴重な体験になると思います。興味がある方はぜひ、詳細をチェックしてみてください。

野焼き

焼成は野焼きでおこなう

縄文時代と同じ方法で土器を作ろう

【参加費(全3日)】大人7,500円・大人+子供(小3以上)10,000円
【募集人数】約15名
【締切】2019年11月15日(金)
【WS日程】
・薪集め:2019年11月23日(土・祝)
・作陶:2020年3月1日(日)
・野焼き:2020年4月4日(土)
【Webサイト】https://sogikura.localinfo.jp/posts/7132705
【問合せ・申し込み】曽木くらしのしるべ実行委員会(担当・加藤) sogikura@gmail.com (※メールに、件名を「土器WS申し込み」として、[1.氏名 2.参加人数 3.電話番号]記入の上、 申し込みください)
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る