さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

「ハタオリマチフェスティバル in 富士吉田」開催。富士のふもとで機織りと秋に触れる2日間

投稿日: 2017年10月6日
産地: 富士吉田
編集:
  • LINE

10月7日(土)、8日(日)の2日間、昨年に引き続き2度目のハタオリマチフェスフェスティバル、通称ハタフェスが開催されます。

会場は富士山のお膝元、山梨県富士吉田市。この地では、富士山の湧き水を使って千年以上前から織物業が育まれてきました。ネクタイ生地、傘生地、裏地など多品種の織物を織る珍しい産地でもあり、近年は工場独自のファクトリーブランドが多く台頭してきています。

ハタフェスは、機織りの仕事に触れながら、当時の機屋の面影を残す建物や、機屋で働く人々が飲みにいったであろう路地裏の飲屋街など、この街だからこそ残っている風情を味わうことのできる秋祭りです。

ハタオリ工場祭

「ハタオリ工場祭」は、歴史ある富士吉田・周辺地域の織物工場と日本全国のファクトリーブランドや個人で作品を発表するクリエイターなどの合同マーケット。メイン会場では、機屋の仕事の展示やトークショーが開催されます。

その他にも、各地のファクトリーブランド、クリエイターのマーケットが軒を連ねます。掛け軸や雑雛生地に使われる金襴緞子(きんらんどんす)を使った光織物の雑貨ブランド「Kichijitsu」、陶器のアクセサリーブランド・「maitoparta(マイトパルタ)」、デザイン事務所「ALNICO DESIGN(アルニコデザイン)」は似顔絵屋として出店します。

吉田のまちの道具市

「吉田のまちの道具市」は、ハタオリまちにも多く見られる昔の道具や廃材などに新しい息吹を吹き込んだ古道具や手しごとの雑貨を販売するマーケット。古材をつかったワークショップも開催されます。

これら2つのコンテンツを軸に、食事会や移動写真館、音楽会なども開催予定。秋も深まる3連休、紅く色づき始めた富士山のふもとに足を運んでみてはいかがでしょうか。

ハタオリマチフェスティバル in 富士吉田

日時:2017年10月7日(土)〜10月8日(日) 10:00〜16:00
会場:
・ハタオリ工場祭/まるさくたなべ(山梨県富士吉田市下吉田2-3-17)、他
・吉田のまちの道具市/小室浅間神社(山梨県富士吉田市下吉田5221)
・ワークショップ、音楽会など/下吉田界隈
オフィシャルサイト:http://hatafes.jp/2017/
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る