さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
さんちのお土産

【富士吉田のお土産】R&D.M.Co-の麻のハンカチーフ

投稿日: 2016年11月1日
産地: 富士吉田
  • LINE

こんにちは、さんち編集部の井上麻那巳です。
わたしたちが全国各地で出会った “ちょっといいもの” をご紹介する “さんちのお土産”。第1回目は富士山の麓、山梨県富士吉田市からお届けします。

山梨県富士吉田市をはじめとした郡内地域は、実は1000年以上の歴史がある織物の産地。甲斐絹(かいき)と呼ばれる絹織物がルーツですが、現在はネクタイ、傘、ストールなど同じ産地の中でさまざまなアイテムがつくられている珍しい産地でもあります。

その中で一際輝いているブランドのひとつが2004年に生まれたリネンブランド、R&D.M.Co-(OLDMAN’S TAILOR)です。今回はその直営店、THE DEARGROUNDにて真っ白な麻のハンカチーフを選びました。白く繊細な生地は細番手の糸を織り上げた透け感のあるラミー素材(*)。縁かがりは丁寧に手縫いで仕上げられています。ハンカチというよりハンカチーフと呼びたくなる、ちょっと特別な日に選びたくなる端正さ。ブランド名のRDの刺繍も相まって、まるでヨーロッパのアンティークのような佇まいが素敵です。
*ラミーとは日本語で苧麻(ちょま)と呼ばれる麻の1種で、シャリ感がありリネンよりコシがある素材です。

シンプルだからこそ、薄くデリケートな生地の美しさが際立つ一枚。誰もが一度は憧れる真っ白な正方形は、持ち歩くだけですっと背筋をのばしてくれそうです。

ここで買いました。

THE DEARGROUND
山梨県富士吉田市下吉田6-18-46
0555-73-8845

文・写真:井上麻那巳
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る