さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

豆皿とご当地お菓子の組み合わせを楽しむ。「信楽」「瀬戸」「丹波」のうつわを使って

投稿日: 2020年5月1日
産地: 読みもの
編集:
  • LINE

日本の工芸をベースにした生活雑貨メーカー中川政七商店では、全国の焼きもの産地とコラボして豆皿を作っています。

産地のうつわはじめ

さんちでも各地のものづくりを取材してきました。

せっかく各産地のうつわが揃ういい機会なので、今回は集めた豆皿でちょっと遊んでみようかと。

春に登場した3産地の豆皿に合わせて、ご当地菓子を探してみました。旅のお土産やうつわ選びの参考にしてみてくださいね。

左から丹波、信楽、瀬戸の豆皿。さてどんなお菓子が載るでしょうか‥‥?

左から丹波、信楽、瀬戸の豆皿。さてどんなお菓子が載るでしょうか‥‥?

信楽焼の豆皿×紫香楽製菓本舗の「うずくまる」

「土と炎の芸術」と謳われる信楽焼。粗い土の味わいを楽しめる、3色の豆皿が登場しています。

粉を引いたように白いことからその名のついた「粉引 (こひき)」、有名な信楽のたぬきの傘の色でもある伊羅保 (いらぼ) 釉、ビードロ。3色とも、わずかな焼き具合による色の変化が魅力です

粉を引いたように白いことからその名のついた「粉引 (こひき)」、有名な信楽のたぬきの傘の色でもある伊羅保 (いらぼ) 釉、ビードロ。3色とも、わずかな焼き具合による色の変化が魅力です

合わせたお菓子は紫香楽製菓本舗の「うずくまる」。

信楽焼の豆皿×紫香楽製菓本舗の「うずくまる」

茶人に愛されてきた信楽の焼きもの。中でも室町時代に、その色かたちに侘びがあると花入れに好まれた小さな壺が「蹲 (うずくまる)」でした。

紫香楽製菓本舗さんが作る「うずくまる」はその小壺をなぞらえた姿。

信楽焼の豆皿×紫香楽製菓本舗の「うずくまる」

つぶあんを包む生地には信楽の朝宮茶が添えられ、口に含むとほんのりとお茶の香りが広がります。

瀬戸焼の豆皿×YUIの「窯垣の小径焼菓子」

2つめは瀬戸焼の豆皿。

右から時計回りに「馬の目皿」「三彩」「黄瀬戸」

右から時計回りに「馬の目皿」「三彩」「黄瀬戸」

作り手である瀬戸の名窯、瀬戸本業窯さんの取材で出会ったのが「窯垣の小径 (かまがきのこみち) 」です。

窯垣の小径

窯垣の小径の先に瀬戸本業窯さんの窯があります。ちょうど良い散歩道です

古くなった窯道具を積み上げて石垣がわりにした垣根の道は、焼きものの一大産地である瀬戸の歴史を感じさせます。

瀬戸本業窯 窯垣の小径

窯垣の小径を紹介した記事はこちら:「日本のタイル発祥の地『瀬戸』は壁を見ながら歩くのが面白い」

この瀬戸ならではの情景を表現したのが「窯垣の小径焼菓子」。開発には、瀬戸本業窯の水野雄介さんをはじめ地域の方の協力があったそうです。

瀬戸焼の豆皿× YUIの「窯垣の小径焼菓子」

丸い「エンゴロ」はほろ苦いコーヒー味、細長い「ツク」は米粉のクッキー。四角い「タナイタ」は抹茶味。どれも瀬戸にゆかりのある生産者さんの素材を使っています。

さらに包装紙は瀬戸焼を包む緩衝材、箱は贈答用の瀬戸焼を入れる貼り箱工場さんに依頼するなど、どこをとっても瀬戸愛がたっぷり。

合わせるのはもちろん、瀬戸本業窯の豆皿を。

瀬戸本業窯の豆皿

瀬戸本業窯の豆皿を取材した記事はこちら:「食卓に小さな『違和感』を。瀬戸本業窯の豆皿が新生活におすすめな理由」

丹波焼の豆皿×酒井七福堂の「手づくりあられ」

3つめは丹波焼の豆皿。

丹波焼 丹窓窯の豆皿

作るのはバーナード・リーチ仕込みのスリップウェアを手がける「丹窓窯」さんです。

多くの窯元が軒を連ねる丹波立杭の町。天気のいい日は、外にもこんな産地らしい風景が広がります

多くの窯元が軒を連ねる丹波立杭の町。天気のいい日は、外にもこんな産地らしい風景が広がります

丹窓窯の豆皿を取材した記事はこちら:「日本にしかないスリップウェアの豆皿。中川政七商店とバーナード・リーチ直伝の『丹窓窯』が提案」

取材時に8代目の市野茂子さんが「どうぞ」と勧めてくださったのが、酒井七福堂さんのおかきでした。

自家栽培のもち米に、醤油は京都の「たまり醤油」。炭火で焼き上げる手作りおかきは白地に格子柄のスリップウェアに盛り付けられて、なんだか格好良く見えました

自家栽培のもち米に、醤油は京都の「たまり醤油」。炭火で焼き上げる手作りおかきは白地に格子柄のスリップウェアに盛り付けられて、なんだか格好良く見えました

ご馳走になったのは山椒入り。このあたりでは山椒がよく採れるそうで、この味がお気に入りなのだとか。ひと口食べるとピリリと美味しく、ついつい手が伸びます。

丹窓窯さんでご馳走になった「山椒」入りと、丹波といえば有名な「黒豆」入りも一緒に

丹窓窯さんでご馳走になった「山椒」入りと、丹波といえば有名な「黒豆」入りも一緒に

パッケージも味わい深い

パッケージも味わい深い

3時のおやつで産地を旅する

せっかく各地のうつわが揃うなら、何か土地らしいものを盛り付けてみたいな。

ちょっとした興味からご当地菓子を探してみたら、産地や作り手さんの周りに、ゆかりの美味がすぐに見つかりました。

お菓子の背景やエピソードを知ると思いがけず産地やうつわに詳しくなって、パッケージから豆皿に盛れば食卓の風景も楽しい。

中川政七商店の豆皿

いつもよりちょっと豊かな3時のおやつになりました。他の産地のうつわでもやってみると、また面白い出会いがありそうな予感がします。

<掲載商品>
信楽焼の豆皿
丹波焼の豆皿
瀬戸焼の豆皿

<取材協力> (掲載順)
【信楽】紫香楽製菓本舗
【瀬戸】YUI (現地では瀬戸観光案内所などで取扱いあり)
【丹波】酒井七福堂

文・写真:尾島可奈子

*こちらは、2019年4月15日の記事を再編集して公開しました
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る