さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

芥川賞や直木賞をきっかけに、本を読もうと思った人へ

投稿日: 2019年1月19日
産地: 読みもの
  • LINE

先日、芥川賞と直木賞が発表されましたね。最近は本を読む時間をなかなかつくれなかったのですが、この盛り上がりをきっかけに読書欲がふつふつと湧いてきました。

さんちでは本にまつわる読み物も結構多いんですよ。読書のきっかけが欲しいという方、よかったら参考にしてみてください。

————————————————

<読むと本を持って旅に出たくなる連載「気ままな旅に、本」>

グッバイ、志賀直哉

ブックディレクターの幅允孝(はばよしたか)さんが旅をして、そこでの発見や紐づく本を紹介する連載第1回目。文豪、志賀直哉が愛した奈良を巡り、おすすめする本とは。

→記事を見る

産地:奈良・大和郡山・生駒

■□■

「対」で知る、弾丸函館

こちらは連載第3回目、大寒波さなかの北海道・函館を弾丸で訪れました。函館の街を「対(つい)」というコンセプトで見るとおもしろいって知っていましたか?

→記事を見る

産地:函館

<ローカル情報をディープに知りたい人へ>

函館の人に会いたくなる雑誌、peeps hakodate

先に紹介した幅さんエッセイで函館に行きたくなったあなたには、こちらのマガジンを。「旅をもっと楽しむために手に入れたいローカルマガジン」では、全国各地から地元愛をもって発信されているローカルマガジンをご紹介しています。地元の人に案内してもらうような感覚で、旅を楽しむのはいかがでしょうか。

→記事を見る

産地:函館

<学びを仕事に生かしたい人へ>

経営とデザインの幸せな関係

中川政七(株式会社中川政七商店)✕ 鈴木啓太(PRODUCT DESIGN CENTER)

読書を仕事にも生かしたい、という方におすすめの記事です。著者が出版記念トークイベントで本に込めた思いを語っています。

→記事を見る

<暮らしを整えたい人へ>

柳宗理 エッセイ

細萱久美が選ぶ、生活と工芸を知る本棚『柳宗理 エッセイ』

「今年は暮らしを整えたい」という方はぜひこちらの連載を。第7回目となるこちらでは、あの世界的デザイナーが、88歳にして初めて刊行したエッセイを紹介します。

→記事を見る

■□■

細萱久美が選ぶ、生活と工芸を知る本棚『日本料理と天皇』

今年は春まで、何かと「平成最後」のフレーズが聞こえてきそうですね。そんな節目の年に、こういう本を手に取ってみるの面白いかもしれません。

→記事を見る

産地:東京

————————————————

気になった記事はありましたか?読み返してみると、また新しい発見があるかもしれません。

それでは、次回もお楽しみに。

  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る