さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
キャプションが入ります

おばあちゃんの着物を今っぽくする小物をプロに聞く 着物をモダンにアレンジする、かばんやアクセサリー

投稿日: 2018年12月18日
産地: 読みもの
編集:
  • LINE

「1年のはじまりの日は、新品のいい服を着なさい」と昔、祖母が言った。

その理由は分からないですが、たしかにパリッと新年を迎えられるのは気持ちがいいものです。もう祖母はいないけれど、今でも新年にはちょっと背伸びして買った服や着物を着るのが我が家の習慣。

だけど、今年は祖母の着物を着てみようかなぁ。
この前実家のタンスを整理していたら、祖母や母の着物がたくさん出てきたのです。

母親は「ちょっと古くさいんじゃない」なんて言いますが、正統派の柄や色づかいはとても素敵に思えました。そしてなにより、祖母が若いときに着てたものと新年を迎えるのはなんだか嬉しいものです。

でも、たしかにそのまま着るとちょっとクラシックさが目立つかもなぁ。

それなら、着物のまわりの小物であそんでみようと、昔の着物でもシックに着れる小物やアクセサリーをプロに教えてもらいました。

教えていただいたのは、きもの やまとのブランド〈 THE YARD 〉の池田さん。着物はもちろんのこと、合わせる小物のセレクトがとても素敵なブランドです。

以前、「お正月に身につけたい、縁起のいい着物の柄6選」の記事でもお世話になりました。

THE YARD 渋谷モディの店内

THE YARD 渋谷モディの店内


和装にも洋装にも似合う小物を

小物を選んでもらうにあたってもうひとつ。

「和装でも洋装でも使えるもの」をお願いしました。正直、そんなに着物の頻度が高いわけではないので、なかなか「着物だけ」で使えるものを揃えるのはちょっとハードルが高い。だからできれば、洋服でも使えるものを、と。

そのオーダーに、「小物のセレクトの基準は、和洋兼用で使えるものだから大丈夫です」と心強い答えが返ってきました。

それでは早速、教えてもらったものを紹介していきます。アクセサリー、バッグ、布ものと続きます。

SIRISIRI 籐細工のアクセサリー

着物コーディネートに合うこものをTHE YARD(ザ・ヤード)に教えてもらう/SIRISIRIのアクセサリー

まずご紹介するのは、意外性を感じさせるマテリアルと伝統的な職人技術との組み合わせにより、コンテンポラリーな作品を発信するジュエリーブランド、SIRI SIRIです。

昔からある技法や素材を使いながらも、その組み合わせやデザインで現代のかたちに落とし込む。そのアウトプットにはいつも、技術は使い方だなぁと考えさせられます。

「洗練されたデザインなので、シルクやシルクウールなどの着物と合わせると、より上品な装いになると思います」と、教えてくださいました。

着物コーディネートに合うこものをTHE YARD(ザ・ヤード)に教えてもらう/SIRISIRIのブレスレット・ヘアゴム

SIRISIRI / ARABESQUE Hair Tie CLEAR / 30,240円(税込)

今回紹介いただいたのは、ガラスと籐(とう)のブレスレット。ヘアタイとしても使えます。

着物コーディネートに合うこものをTHE YARD(ザ・ヤード)に教えてもらう/SIRI SIRI(シリシリ)のバングル

同じARABESQUEコレクションのバングル / 33,480円(税込)

serial number のヘアゴム

着物コーディネートに合うこものをTHE YARD(ザ・ヤード)に教えてもらう/Serial Numberのヘアゴム

真鍮の大きな丸が目を引く〈 serial number(シリアルナンバー)〉のヘアゴム。

ブランド名にある<serial>とは英語で「ひと続きの」という意味。「ひと続きの小説や映画のように、持ち主とアクセサリーがひとつの物語を綴っていく」というコンセプトのもと、アイテム1つ1つにシリアルナンバーが刻印されています。

「経年変化していくと、真鍮の輝きが増していきます」と池田さん。長い間を共にする着物みたいに、一緒に成長を楽しんでいきたいアクセサリーです。

着物コーディネートに合うこものをTHE YARD(ザ・ヤード)に教えてもらう/Serial Numberのヘアゴム

serial number / ヘアゴム tuki / 7,020円(税込)

季節を問わず通年で、そして和装にも洋装にも使えそうなシンプルなデザインです。

CHRISTIAN PEAUの革バッグ ショルダーポーチバッグ

着物コーディネートに合うこものをTHE YARD(ザ・ヤード)に教えてもらう/CHRISTIAN PEAU(クリスチャンポー)

日本製ながら流通のほとんどがヨーロッパのため、日本での取扱いは珍しいCHRISTIAN PEAU(クリスチャン ポー)のバッグは、これを目当てに来店されるお客さまも多いのだそう。

着物コーディネートに合うこものをTHE YARD(ザ・ヤード)に教えてもらう/CHRISTIAN PEAU(クリスチャンポー)

CHRISTIAN PEAU / ショルダーポーチバッグ / 43,200円(税込)

持ち手部分は取り外し可能で、付属の長いハンドルを使えばショルダーバッグとしても使えるのが嬉しいところです。

THE YARDで売られてるものは、もともとの型をリサイズして通常より少し小さめサイズ。

着物にはやはり、少し小さめのバッグの方が似合うとのことですが、もちろん洋服に合わせても。お財布とハンカチ、スマホ、ちょっとした化粧道具ぐらいは入りそうなサイズ感がちょうどいいです。


Hender Schemeのレザーバッグ

着物コーディネートに合うこものをTHE YARD(ザ・ヤード)に教えてもらう/ヘンダースキーマ(hender Scheme)・スキマのバッグ

「もっとシンプルなバッグを」と次に紹介してもらったのが、Hender Scheme(エンダースキーマ)のレザーバッグ。

シンプルなデザインが、どんな服装にも合わせやすそうです。半分に折り畳んで、クラッチバッグのように持てるようになっています。

着物コーディネートに合うこものをTHE YARD(ザ・ヤード)に教えてもらう/ヘンダースキーマ(hender Scheme)・スキマのバッグ

Hender Scheme / not eco bag wide /14,040円(税込)

素材は、シボ加工のカウレザーを使用。素材の上品が、いろいろなスタイリングに持ちやすいバッグです。



THE YARDのオリジナルブランケット

紹介してもらい「なるほど!」と思ったブランケットやストール。
柄の多いクラシカルな着物でも、シックなトーンのテキスタイルがバランスを整えてくれそうです。

着物コーディネートに合うこものをTHE YARD(ザ・ヤード)に教えてもらう/AUGUSTE-PRESENTATIONのブランケット

AUGUSTE-PRESENTATION (オーギュスト プレゼンテーション) と一緒に作ったオリジナルのブランケット。1枚羽織るだけで、がらりと雰囲気が変わりそうな大判です。

メルトン仕上げの生地がとても温かく、これがあればコートはいらないかもしれません。着物の帯を守るのはもちろんのこと、洋服でも活躍しそうな1枚。

着物コーディネートに合うこものをTHE YARD(ザ・ヤード)に教えてもらう/AUGUSTE-PRESENTATIONのブランケット

AUGUSTE-PRESENTATION / ブランケット / 42,120円(税込)

男女兼用なので、家族やカップルで共有してもいいかもしれません。着物をマニッシュに着こなすなんて粋なコーディネートができそうです。

evam evaの別注カシミヤストール

着物コーディネートに合うこものをTHE YARD(ザ・ヤード)に教えてもらう/evam evaのストール

山梨県のニットメーカーevam eva(エヴァム エヴァ)に別注した、カシミヤ100%のストール。従来のストールより大きめで、着物の羽織を着用した時でも覆い被せられるサイズ感になっています。

着物コーディネートに合うこものをTHE YARD(ザ・ヤード)に教えてもらう/羽織がわりになるストール

evam eva / カシミヤ大判ストール / 64,800円(税込)

デザインで特殊なのが、ストールの端についた太めの切り返し。羽織ったときに、羽織の衿型(えりがた)のように見せることができます。着物仕様ですが、洋装に合わせても凛とした印象になりかっこいいです。

着物コーディネートに合うこものをTHE YARD(ザ・ヤード)に教えてもらう/SIRI SIRI(シリシリ)


小物次第で印象の変わる着物の着こなし。「ちょっとクラッシックで着こなせないかもなぁ」と眠らせている着物もぜひ、引っ張り出してみてください。





< 取材協力 >
THE YARD (株式会社やまと)
http://the-yard.jp

■ THE YARD 渋谷店
東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ4F
03-4336-8241

■ THE YARD 仙台店
宮城県仙台市青葉区中央3-7-5 仙台パルコ2 2F
022-714-2581







文:西木戸弓佳
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る