さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

この寒い冬は「生姜好きの生姜シロップ」で体を温めて乗り切ります 中川政七商店「生姜好きの生姜シロップ」でおいしい生姜湯やジンジャーエールをご自宅で。

投稿日: 2018年11月28日
産地: 読みもの
タグ:
  • LINE

朝、身支度をしながら流し見するテレビから「今年、いちばんの冷え込みです」なんて聞こえてきて、窓の外を見ながら着る服を悩む時期になりました。いちばん、いちばんって、どこまで寒くなっていってしまうの。そんな気持ちにもなりながら、慣れ親しんだマフラーを手に取る。

そんな冬の朝に、昨年から「生姜湯」が仲間入りしました。もとから生姜の風味が好きだったのもあり、出掛けに体を温めたい気持ちから飲むようにしていました。とはいえ、忙しい朝のこと。生姜をすって鍋で煮出すような時間もありません。

手軽に美味しい生姜湯が飲めないものか。そこで出合ったお気に入りが、中川政七商店の「生姜好きの生姜シロップ」でした。商品名通り、生姜好きのみなさんにぜひ紹介したいのです。

「5倍希釈」でお湯を注ぐだけ

生姜湯の作り方もさまざま。

チューブの生姜は、料理に使うとまだ気にならないのですが、お湯で割るとなると‥‥どこか風味が気になる。粉末生姜も便利ながら、今度は風味が強すぎて、まるで漢方のように飲み下すものに(しかも熱くて一気に飲めない)。

市販の生姜紅茶やシロップなども試しましたが、今度は甘すぎたり、生姜の風味が控えめだったり……右往左往していた生姜ラヴァーの私を救ってくれたのが、この一本でした。

作り方は簡単で、基本は「5倍希釈」でお湯を注ぐだけ。生姜を強く感じる辛口タイプのシロップなのですが、レモンがアクセントになっていて、口当たりは爽やか。その飲み口の良さに快くなっていると、後味にはグーッと生姜の風味が立ってきます。

調べたところによると、人間が生姜に温かさを感じるのは、生姜に含まれる辛味成分が、舌やのどの奥、胃の中にある神経の「温覚」を刺激するからだそう。温覚が刺激されると、脳から「体温を下げなさい」という司令が出て、血行が良くなったり、汗をかいたりするから、温かく感じるのですね。

そう、このシロップの大事なところは「美味しい!」ということ。

国産生姜と砂糖を使ったシロップに、蜂蜜、生姜パウダー、ブランデー、瀬戸内産レモン果汁を使ったレシピは、中川政七商店のオリジナル。内容物の通り、どこか舌にひっかかりそうな材料がないのも安心感があります。

時間があって、もっと刺激がほしければ、生の生姜を少々。かもしか道具店の「しょうがのおろし器」と組み合わせるのも良いですね。このおろし器だと、しょうがの繊維が残らないので溶けやすく、飲んでいて気になることもありません。

ただ、そもそも「生姜好き」と銘打つだけに、舌にぴりっとくるほど生姜の風味は強いです。普段から食べ物に生姜をたくさん足したり、市販の生姜湯の刺激に満足できていなかったりすれば、これほどうってつけの常備品もありません。

そうそう、生姜湯だけでなく、炭酸水で割ればジンジャーエールですし、チューハイなんかのお酒を飲むときにちょっと足すのもおすすめです。あとは、ホットミルクと合わせると、チャイのような楽しみ方もできます。

お出掛け前にも、一日のしめくくりにも。この冬の、美味しい防寒に、どうぞ。

<掲載商品>
生姜好きの生姜シロップ(中川政七商店)
かもしか道具店 しょうがのおろし器(中川政七商店)

文:長谷川賢人
タグ:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る