さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

さんちのまとめ読み ~“落ちない”合格祈願の山/旅館の女将体験/大日本市菰野博覧会 体験レポート ほか

投稿日: 2018年10月26日
産地: 読みもの
タグ:
  • LINE

こんにちは。さんち編集部です。

いよいよ秋も深まってきましたね。ようやく重い腰を上げて衣替えを始めたのですが、「この服懐かしい」「これはまだ着られるかな」なんて寄り道していたら全然終わりません。現在も絶賛衣替え進行中です。

衣替えの合間に、まとめ読みで一息いかがでしょうか。

————————————————

イワサキ・ビーアイの食品サンプル

生ものが一番難しい。手仕事で仕上げる「食品サンプル」作りの裏側

食品サンプルのパイオニア「イワサキ・ビーアイ」

これもあれも、え?それも!? 日本国内だけでなく海外からも絶大な評価を得て長きにわたり業界シェア1位の「イワサキ・ビーアイ」の制作現場、のぞいてきました。

2018年9月30日公開
産地:東京

■□■

「徳利」の起源がわかる? 九谷焼の“香りまで美味しくなる”徳利

金沢 九谷焼・上出長右衛門窯の徳利

現在ではさまざまなデザインの徳利が生まれています。 今回はそのなかでも創業140年目を迎える石川県能美市にある九谷焼の老舗、「上出長右衛門窯」の徳利を紹介します。

2018年10月1日公開
産地:金沢

■□■

わたしの一皿 豊漁のさんまをつみれ汁に仕立てて

みんげいおくむら 奥村忍による「わたしの一皿」 木漆工とけしの椀

みんげいおくむらの奥村忍による食エッセイ「わたしの一皿」。今回は沖縄の木漆工とけしの漆のお椀を。

2018年10月2日公開
産地:沖縄

■□■

ちそう菰野

美しい日本庭園で「三重県の縮図」を味わう。ちそう菰野は五感を開放できるレストラン

ギャラリー・レストラン「ちそう菰野」(三重県菰野町)

三重県菰野町で、未来の文化遺産を見つけました。 重森三玲氏が手がけた表庭・裏庭に挟まれた邸宅に「ちそう菰野」というギャラリー・レストランで新たな息吹をもたらした夫婦がいます。

2018年10月3日公開
産地:菰野町

■□■

御在所岳の地蔵岩

提供:菰野町観光協会

受験生必見。“絶対落ちない”合格祈願の山が三重にある

三重県菰野町のシンボル、御在所岳。受験生に愛される二つの理由

三重県・菰野町から滋賀県・東近江市へと連なる、標高1,212メートルの御在所岳。 実は受験生にも人気が出ているようなのです。その真相を確かめに、いざ噂の山へ。

2018年10月4日公開
産地:菰野町

■□■

重盛三玲の庭が楽しめる三重のちそう菰野

重森三玲がつくった、枯山水とモダンな庭。ふたつの景色が楽しめる「ちそう菰野」

2018年10月5日公開
産地:菰野町

■□■

鹿の湯ホテル

意外と知らない女将の仕事。1日体験したら、旅館がもっと好きになりました

開湯1300年の湯の山温泉「鹿の湯ホテル」へ

温泉旅館を象徴する「女将」。実際のところ、どんな仕事をしているの? ちょっとミステリアスな女将の仕事に迫るため、今回特別に“1日女将体験”をさせてもらうことに‥‥

2018年10月6日公開
産地:菰野町

■□■

うなぎパイには何が入っている?「師範」に教わる工場見学

春華堂 うなぎパイファクトリー

「夜のお菓子」のキャッチフレーズでおなじみ!年間で約8000万本も生産している「うなぎパイファクトリー」で、うなぎパイ職人さんたちのこだわりと美味しさの秘密を伺ってきました。

2018年10月7日公開
産地:浜松

■□■

レトロかわいいパッケージに一目惚れ、日の出屋製菓の「湯の花せんべい」

さんちのお土産

わたしたちが全国各地で出会った“ちょっといいもの”を読者の皆さんへプレゼントする「さんちのお土産」。 今回は、三重県菰野町で見つけた、レトロかわいい缶に入った日の出屋製菓の「湯の花せんべい」をお届けします。(応募期間は終了しました)

2018年10月8日公開
産地:菰野町

■□■

三重 アクアイグニスのコンフィチュールアッシュ

甘い物好きなら、わざわざ訪れたい三重のケーキ店

辻口シェフが手がける コンフィチュールアッシュ(三重県菰野町)

日本を代表する辻口博啓パティシエが手がける「コンフィチュールアッシュ」が、東京・世田谷から三重県菰野町へと移転オープンしました。朝摘みのいちごが使われるケーキも‥‥!

2018年10月9日公開
産地:菰野町

■□■

かもしか道具店の陶のフライパン

器の耐熱温度はなぜ違う?レンジ、オーブン、直火OKの差をプロに聞く

三重県の萬古焼メーカー〈かもしか道具店〉さんに学ぶ、陶磁器の基礎

陶磁器でも、オーブンにかけられるものもあれば、ダメなものもあります。その違いは何なのでしょう。 素材?分厚さ?製法? 三重県菰野町の「かもしか道具店」で教わりました。

2018年10月10日公開
産地:菰野町

■□■

美しすぎる工場見学。技術の粋を集めた「組子の家」がすごい

三重県菰野町「指勘建具工芸」

3代続く建具専門店「指勘建具工芸」の住まい兼ショールームが一般公開されており、その圧倒的な美しさが人気を呼んでいます。

2018年10月11日公開
産地:菰野町

■□■

古萬古の鹿

3日間しか見られない「鹿」は300年前の技法で生まれた

「こもガク×大日本市菰野博覧会」でお目見えする「萬古鹿」

ある期間限定の博覧会でお目見えしたのは、萬古焼のなかでも文人や知識人に好まれた「古萬古」と呼ばれる技法で作られる鹿の陶器。 昔ながらの技法で作陶した父娘の制作現場を訪ねました。

2018年10月12日公開
産地:菰野町

■□■

ものづくりの最前線が集結!開催中の「こもガク×大日本市菰野博覧会」を楽しむ方法

菰野町の体験型イベントと中川政七商店がタッグを組んだお祭り

名古屋から1時間、三重県菰野町にてものづくりの最前線を体験できるイベントが開催されました。‬ 体験レポートを読んで、来年以降の博覧会に向けてぜひお役立てください。‬

2018年10月13日公開
産地:菰野町

————————————————

お気に入りの記事はありましたか?読み返してみると、また新しい発見があるかもしれません。

以上、今週の「さんちのまとめ読み」でした。

タグ:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る