さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

加賀友禅とは。“虫食いが美しい” 金沢生まれの染色技、歴史と今

投稿日: 2020年3月31日
産地: 読みもの
  • LINE

「友禅」。一度は聞いたことがあるけれど、どんなものか具体的に説明するとなると難しい。そんな人も多いかもしれない。

今日は「日本三大友禅」に数えられる加賀友禅の歴史と今を解剖。細部に地域独自の美が宿る、友禅の世界に入ってみよう。

加賀友禅とは?

加賀友禅とは、石川県金沢市を中心に染められる友禅のこと。

糊を使って生地が染まるのを防ぎ、模様を表現する「友禅染」は、この加賀友禅や京都の京友禅が有名だ。東京の江戸友禅と合わせて「日本三大友禅」と言われることもある。

ここに注目。50の濃淡を持つ「加賀五彩」

加賀友禅の加賀五彩

加賀友禅は、京友禅に比べると落ち着いた色調と言われる。その元となっているのが、「加賀五彩」とよばれる臙脂 (えんじ) ・藍・黄土・草・古代紫の5色。

加賀友禅ではこの濃淡を使い分け、一つの図案に用いられる色味は50におよぶ。描かれるのは花や鳥など自然のモチーフの古典的なものが多く、さまざまな花が籠に盛られた「花籠」模様が代表的だ。

ここに注目。京友禅との違いは「ぼかし」と「虫食い」にあり

加賀友禅の真骨頂と言えるのが、模様を写実的に見せる「ぼかし」と「虫食い」。ぼかしは京友禅にも用いられる技法だが、加賀友禅に比べるとその割合は少なく、技法もそれぞれに異なる。

京友禅は模様の内側から輪郭に向かってぼかしを入れるが、加賀友禅はその逆。外側の輪郭から内側に行くほどぼかされていく (外から内にぼかしてくので、「外ぼかし」とも)。

加賀友禅のぼかし

葉は一枚、花びらはひとひら毎にぼかし分ける手の込みようで、一枚の葉の中で紅葉や枯れなどを表すために、3色使い分けてぼかすという技法まである(三段ぼかし)。

また模様を描き分けるために糊 (友禅糊) を細く引いて白抜きすることで、防染の役割だけでなく、美しい装飾効果が生まれる。

「虫食い」は、他の友禅産地であまり見られない加賀友禅独特の技法だ。その名の通り虫食い跡のある葉が模様として描かれ、柄のアクセントとなっている。

加賀友禅では、柄に立体感やリアリティを生む「ぼかし」や「虫食い」が多く用いられる一方で、京友禅に見られるような刺繍や箔押しはほぼ行われない。

こうした技法の特徴から、写実的、絵画的と評されることが多く、落ち着いた趣は「武家風」とも表現される。

加賀友禅の地染め

加賀友禅といえばこの人。宮崎友禅斎と木村雨山

友禅という呼び方は、実はその創始者と言われる宮崎友禅斎の名前からとられている。この宮崎友禅斎が京都から金沢に移り住んだことが、加賀友禅発展の契機となっていく。

1712年 (正徳2年) 、京都で友禅染を始めた人気絵師の宮崎友禅斎は金沢の御用紺屋棟取の「太郎田屋」に身を寄せ、太郎田屋の当主・茂平と意気投合。それまで加賀で行われてきた模様染めを、共同研究で大きく改善したと言われる。

友禅斎の卓越した意匠構成を実現するために、特に模様染の基盤となる防染材料の研究が進み、繊細な模様の表現を可能にする「友禅糊」が誕生したのだ。

友禅糊の出現によって模様染の技術は画期的な飛躍を遂げ、友禅斎は斬新なデザインの模様染を次々と創案した。

現存する最古の加賀友禅に東京国立博物館所蔵の「友禅染紫式部観月図掛幅」があるが、この作品の中に享保5年の年紀とともに「御門前町茂平」の銘がある。少なくともこの頃までに、加賀友禅の技法が完成されていたことが伺える貴重な史料だ。

待望の人間国宝、木村雨山の登場

その後、金沢では京都とともに友禅技法の伝承と改良がはかられ、金沢独自の「加賀友禅」が確立。

意匠を創案する友禅作家が弟子を抱えて工房を持つスタイルが定着し、明治以降も優れた作家が作品を生み出してきた。しかし加賀友禅の名は、昭和に入っても全国的な知名度はなかったという。

そんな状況を一変させたのが友禅作家、木村雨山 (きむらうざん) の登場だった。1955年 (昭和30年)、木村雨山が加賀友禅の作り手としては初めて、重要無形文化財保持者 (人間国宝) に指定されたのだ。これにより加賀友禅の名は全国に知られるようになる。

加賀友禅の起源と歴史

余分な糊や染料を洗い流す友禅流し

加賀の染物の歴史は古く、起源は定かではない。文献の記録を探すと、室町時代の記事に、加賀の国独特の染め技法であった無地染の「梅染」について書かれているものが残っている。

加賀友禅の名称は実は近世につけられたもので、それ以前は「加賀梅染」と呼ばれていた。

1540年 (天文9年) には「梅染・赤梅・黒梅の三品あり、梅や渋にてさっと染めたるは梅染、少し数を染めたるは赤梅、度々染めて黒味あるは黒梅なり (『日用三昧記』) 」とあり、初期の梅染めが徐々に変化し、コントラストが付いてきたことが伺える。

梅染とは、梅の樹液から抽出した色料や柿渋による染汁を用いた無地染であった。この無地染に模様が加えられたのは、正保年間 (1644〜1646年)ころ。模様への第一歩として、「色絵紋」の技法が発達した。

「色絵紋」は定紋の周りを松竹梅や鶴亀などの意匠で囲んで彩色したもの。金沢一帯に伝わる華やかな独特の飾り紋だ。後にこれが加賀紋と呼ばれ、加賀友禅の原点とも見られている。

こののち、17世紀中頃に宮崎友禅斎の金沢への移住、友禅糊の開発を経て、加賀で生まれた染物の技法は飛躍的な発展を遂げる。さらに18世紀末には型紙を用いて染める板場友禅(型友禅)が起こり、繊細な小紋を染めた袴や羽織などが登場した。

昭和に入ると加賀友禅で初の人間国宝に木村雨山が指定され、加賀友禅の名は一躍全国区に。1975年には国の伝統的工芸品に指定され、現代にもその技術は脈々と受け継がれている。

現在の加賀友禅 落款が品質の証

現在の加賀友禅には、その品質を保つ「落款 (らっかん) 制度」が取り入れられている。

作り手を束ねる協同組合 加賀染振興協会が品質を認めた加賀友禅には、手がけた友禅作家の落款がしるされているのだ。

協会の決まりでは、工房を営む師の元で7年以上の修行を積んで技術を磨き、加賀染振興協会の会員2名 (師匠ともう1 名) の推薦を得て協会の会員資格を得た者だけが、加賀友禅作家になることができる。そこで初めて、作り手は落款の登録を許されるのだ。

登録された落款は協会のサイトで検索でき、その数350以上。作家ごとにデザインやサイズも異なり、個性豊かだ。

ここで見学できます

◯加賀友禅会館

加賀染振興協会が運営する加賀友禅の文化施設。実演が見学できるほか、試着や手作り体験も可能。新作加賀友禅の展示や小物の販売などもあり、加賀友禅の質感を肌で体感できる。

石川県金沢市小将町8-8
TEL 076-224-5511
http://www.kagayuzen.or.jp/hall/

加賀友禅のおさらい

・主な産地:石川県金沢市
・種類:手描きと板場友禅 (型友禅)
・代表的な技法:加賀五彩・外ぼかし・虫食い
・代表する人:木村雨山 (人間国宝)
・国の伝統的工芸品指定:1975年

<参考>
『伝統織物 加賀・能登にみる歴史と現状』 (1988年 古今書院)
『日本の伝統工芸 6 北陸』 (1985年 ぎょうせい)
『人づくり風土記』 (1991年 農村漁村文化協会)
『友禅物語 京加賀の美』 (2007年 芸艸堂)
協同組合 加賀染振興協会
http://www.kagayuzen.or.jp/
金沢市役所
 http://www4.city.kanazawa.lg.jp/

画像提供:協同組合 加賀染振興協会

  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る