さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

意外と知らない「日本一」のものづくり4選

投稿日: 2019年11月22日
産地: 読みもの
編集:
  • LINE

日本各地には様々な「日本一」があります。今日は意外と知らない全国トップのものづくりをご紹介。今日身につけているアレもコレも、ここに登場する産地のものかもしれませんよ。

————————————————

「世界初」を生んだ「鯖江のめがね」

鯖江のめがね

 

<p堅くて軽く金属アレルギーを起こさない「チタン」素材を利用しためがね枠の研究開発に、世界で初めて成功したのが実は福井県鯖江市。

国内の日本製めがねフレーム生産シェアは約95%。世界的なめがね産地誕生の背景には、「国産のめがねの祖」と呼ばれる、ある人物の熱意がありました。

→続きはこちら

 

靴下の町がある「奈良の靴下」

奈良 靴下

 

奈良の中でも大和高田市、広陵町、香芝市一帯に集中する靴下づくり。国内シェア約3割の、日本一の靴下産地です。

県内で靴下産業が起こったのは、昭和に入ってから。アメリカから海を渡ってやってきた、一台の機械に始まります。

→続きを読む

 

今日のシャツにも付いている?「奈良の貝ボタン」

奈良の貝ボタン

 

実は奈良には他にも「日本一」が。貝殻を原料としてつくられる貝ボタンです。奈良県磯城郡川西町は貝ボタン製造の全国トップシェアを誇る町。古くからの水辺の郷で、かつては大阪からの舟運の集散地として賑いを見せていたことに、ルーツがあるようです。

→続きを読む

作り手さんを取材した記事はこちら:「海のない奈良でつくる、日本一の貝ボタン」

 

生産シェアは90%!「燕の洋食器」

燕 洋食器

 

国内の金属洋食器生産シェア90%を占めるのが新潟県燕市。一般に洋食器というと食卓に並ぶ皿やカップなど一式をイメージしますが、燕の場合は主にナイフ、フォーク、スプーンなど金属製のカトラリーのこと。

近年では柳宗理デザインのカトラリーの生産や「iPod」の鏡面磨きなど、デザイン性の高い製品の開発にその技術が生かされ、注目を集めています。

→続きを読む

関連の読み物はこちら:「『無理だ』から始まった工業と工芸の融合。常識を覆す『THE』カトラリー」

------------------------------------------------

身近なものも調べてみると、意外なところで作られているかもしれません。

知るほど面白い、全国津々浦々のものづくりの世界。引き続きお楽しみに!




*シェア率などの数字は調査時点のものです。

  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る