さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

まるで工芸品。書店員がおすすめする美しい絵本5選

投稿日: 2019年11月26日
産地: 読みもの
編集:
  • LINE

クレヨンハウスのスタッフが選ぶ工芸に触れる絵本

子どもたちに「もっともっと、いろんな絵本に触れてほしい。絵本をきっかけに工芸やものづくりの魅力を知ってもらいたい」。

そんな思いからご紹介した『子どもが「ものづくり」を好きになる。書店員がおすすめする工芸の絵本5選』

前回は、手作りの生活雑貨、伝統工芸品がモチーフとして描かれているなど、その内容が「ものづくり・工芸」に関連している絵本を紹介しました。

今回は、絵本自体が美しく、工芸品としてひとつの作品といえるもの、また、装丁や使われている素材からものづくりの技術に触れることができる絵本をご紹介します。

選んでくれたのは、前回同様、東京・青山にある、子どもの本の専門店「クレヨンハウス」、子どもの本売り場の馬場里菜(ばば りな)さんです。

工芸の絵本

またまたどんな絵本が登場するのか楽しみです。

インド発、ハンドメイド絵本の傑作「水の生きもの」

「最初にご紹介したいのは、インドの絵本『水の生きもの』です」

工芸の絵本

『水の生きもの』作:ランバロス・ジャー、訳:市川恵里、河出書房新社

インド東部ビハール州に伝わる民族絵画の一種、ミティラー画の絵本。水の生きものたちが色鮮やかに描かれた美しい絵本です。

「手漉きの紙を使って、1枚、1枚、シルクスクリーンで印刷しています。製本も含めて、全て手作りの絵本です」

工芸の絵本

作っているのはインドの出版社「タラブックス」。ハンドメイド本も手がける会社として世界的にも有名です。

「最初に注目されたのはインドではなくヨーロッパでした。印刷・製本技術の高さはもちろんですが、オリエンタルな雰囲気が工芸としての本の魅力と相まって、世界に広がっていったのかなと思います」

本を開いて最初に感じられるのは匂い。

工芸の絵本

「インクの匂いも魅力ですね。読むだけではなく、紙に触れた感じや匂い、五感で楽しめる絵本だと思います」

インドのインクの匂い‥‥そんな想像をするのも楽しいです。

紙はコットン古布を使った手漉きの紙を使っています。

工芸の絵本

手漉きならではのザラザラとした風合いも触れて感じることができる

「版を重ねる度に紙を漉くところからはじめるので、完成までに時間もかかります」

一度品切れになると、本が届くのに半年、1年かかることもあるそう。

「製本も主に手作業でおこなわれていますが、以前、ページが上下逆さまに閉じられていた本が届いたことがありました」

職人さんが手作りしているからこその体験ですが、以来、店頭に並べる前に1冊、1冊チェックしているんだとか。

工芸の絵本

版を重ねるごとに表紙の色を変えているのも面白い。手前が初版のもの、奥が6刷

工芸の絵本

手製本のため、シリアルナンバーも入っている

「タラブックスは、伝統的な製本技術を使いながら、新しい作家やアーティストと一緒に本を作っています」

なかには、日本人の作家さんが手がけた本も。

ひとつひとつ、心を込めて作られる絵本に、世界中のアーティストが魅了されるのもわかるような気がします。

「絵本」という芸術に触れられる、子どもだけでなく、大人へのプレゼントにもおすすめの一冊です。

紙で表現する四季の移ろい「Little Tree」

「次にご紹介するのは『Little Tree』です」

工芸の絵本

『Little Tree』(作:駒形克己、ONE STROKE)

本を開くと1本の木が現れ、ページをめくるごとに、季節が変わり、木も大きくなっていきます。

工芸の絵本
工芸の絵本

「造本作家の駒形克己さんの作品です。ページごとに紙を変えていて、木も1本、1本、手作業でつけられています。

あかりによって影の形が変わったり、紙の色や質感、模様などで四季を感じることができると思います」

駒形さんはいくつも絵本を出していますが、それぞれ造形が違うそう。

工芸の絵本

『BLUE TO BLUE』(作:駒形克己、ONE STROKE)の表紙。丸い穴から色の違う紙で表現された波が見える

「ページによって微妙に形を変えているものは、職人さんが1冊、1冊、ルーペで重なり具合を確認しながら製本しているそうです。

どの本もとても手が込んでいて、開く度に『次は何が出てくるのだろう』とワクワク感があります」

紙だけで、これだけいろんなことが表現できるんですね。

「ここまで紙にこだわっている絵本は少ないです。もちろん、どの絵本も作家さんが紙の質感など確認していると思いますが、コストの問題もあるので、選ぶ紙の選択肢は限られてくると思います」

紙の可能性が感じられる、美しい絵本。手元に置いておきたくなる1冊です。

作家と編集者の思いが詰まった絵本「しろねこくろねこ」

コストとの兼ね合いで、大量生産の絵本が主流の中、手製ではないものの、ひとつの作品としての価値を高めるため、あえてコストのかかった製本をしているのが『しろねこくろねこ』です。

工芸の絵本

『しろねこくろねこ』(作:きくちちき、学研(Gakken))

いつも一緒のしろねことくろねこ。

しろねこはくろのねこの毛の色が、くろねこもしろねこの毛の色が好き。でも、しろねこは草むらや泥んこ遊びで色を変えるのに、くろねこはくろのまま…。

工芸の絵本

互いの違いを認め合い、自分自身を好きになる。物語はシンプルながら、迫力のある筆使いと鮮やかな色彩で目と心を奪われます。

「絵本作家きくちちきさんのデビュー作です。もともと、きくちさんが自費出版していた手製本があって、その世界観を失わないように改めて作った絵本です」

一見、普通の絵本と変わらないように見えます。

「そうですね。でも、函(はこ)入りで布製本というのは珍しいですし、紙も厚めで、普通のものとはだいぶ違います」

工芸の絵本

絵本では珍しい函入り

工芸の絵本

背表紙にタイトルと作家名が箔押しされているのも珍しい。デビュー前に製作した手製本も美しく、絵本の編集者の間で話題になっていたのだそう

有名な作家のものではなく、デビュー作というのが驚きました。

「一般流通させるために妥協した部分もあるかもしれませんが、出版社としても挑戦だったのではないかと思います」

工芸の絵本

原画は、和紙に墨と水彩で描かれている。色のにじみ具合、乾いたときの発色など、1つの場面を納得がいくまで何十枚も描く

絵本としての素晴らしさが認められ、2013年、世界的に有名なブラティスラヴァ世界絵本原画展で「金のりんご賞」を受賞しました。

「作家はもちろんですが、作品に対する編集者さんの強い想いも感じられます。これだけこだわり抜いた絵本はなかなか出てこないと思います」

好きなところから塗るか、最初から全部塗るか「ぬりえほん①ねこ」

次にご紹介するのは『ぬりえほん①ねこ』。

工芸の絵本

『ぬりえほん①ねこ』(え:あべしんじ、NEUTRAL COLORS)

「塗り絵をしながら物語をつないでいくという絵本です」

1枚、1枚、違う紙に描かれた100匹のねこ。頁数222ページと、なかなか塗りごたえのある絵本です。

工芸の絵本

「大人は、この本をどんなふうに使ったらいいんだろうと考えてしまいそうですが、子どもは自由に楽しめる絵本だと思います」

好きなところから塗るか、最初から全部塗るか、性格も出そうですね。

「質感や色の違う10種類の紙を使っているので、紙によって画材を変えるのも楽しそうです」

工芸の絵本
工芸の絵本

作例(写真提供:NEUTRAL COLORS)

工芸の絵本

作例(写真提供:NEUTRAL COLORS)

「ところどころにある物語を読みながら、その中で感じたことを膨らませて色をつけていく楽しみもあります」

最後には自分だけのオリジナル絵本ができあがる。

ページを簡単に切り離すことができるので、描いたものを飾ることができるというのも嬉しい絵本です。

伝統技術と新しい技術で進化する絵本の世界「360BOOK 地球と月」

「最後に紹介するのもちょっと変わった絵本『360BOOK 地球と月』です」

本を開くと、立体に世界が広がります。

工芸の絵本

『360°BOOK 地球と月』(作:大野友資、青幻舎)

「一級建築士でもある大野友資(おおの ゆうすけ)さんが手がけた絵本で、シリーズになっています」

建築士さんが作るだけあって、構造がきれいです。いつまででも眺めていられそう。

「製本工程の後に、手作業で各ページを糸で繋いでいます」

工芸の絵本

同じ形のページはなく、ひとつひとつ、糸で繋いでいく

「小さな宇宙が手のひらに乗っているみたいな楽しさがあります。インテリアにもおすすめですね」

それにしても、いろんな絵本がありますね。

「“本”とは何だろうって思います(笑)」

工芸の絵本

デザイナーさんや、建築士さんなど、いろんな分野の方が手がけているのも面白いです。

「自分たちでこだわって本を出している版元さんも増えている印象があります」

『ぬりえほん①ねこ』を出版するNEUTRAL COLORSさんは、企画、編集、製作、印刷、製本、営業までほぼ一人で行なっているんだそう。

「種類の違う紙をこんなにたくさん使って1冊作るというのは、なかなかできないことです。お一人だからできることもあるだろうと思います」

工芸の絵本

手製本だからできるこだわりを尊重した『しろねこくろねこ』

「新しいことに挑戦する面白い出版社が増えることで、本の幅も広がっているように感じます」という馬場さん。

それは絵本だからできることでもあるのでしょうか。

「そうですね。絵本は読むだけでなく、触れたり、視覚的に楽しめたりできるので、作家の表現したいことによって、いろんな方法を用いることができると思います」

工芸の絵本

「材質にこだわったものや独特の製本技術を使った本など、紙の絵本には電子書籍では味わえない魅力がたくさんあります。そんなことを感じながら、本への興味を深めていただけるとうれしいです」

職人さんの伝統技術が施されたものから、新しい製本技術が使われているものまで、技術の進歩で絵本の世界も進化している。

これから先、どんな絵本が出てくるのか楽しみです。

「新しい表現方法に挑戦してくれる絵本作家さんも出てくるとうれしいなと思います」

工芸の絵本

読むものに五感で刺激を与えてくれる美しい絵本たち。

みなさんも手に取ってみてはいかがですか。

<紹介した絵本>
『水の生きもの』
『Little Tree』
『しろねこくろねこ』
『360°BOOK 地球と月』
『ぬりえほん①ねこ』

<取材協力>
クレヨンハウス東京店
東京都港区北青山3-8-15
03-3406-6308(代表)
03-3406-6492(子どもの本売場直通)
営業時間:平日11:00~19:00 土・日・祝日10:30~19:00
定休日:年中無休 (年末年始を除く)

文 : 坂田未希子
写真 : カワベミサキ
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る