さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

ユネスコ無形文化遺産登録決定!「秩父夜祭」が12月2日・3日に開催されます

投稿日: 2016年12月1日
産地: 秩父
タグ:
  • LINE
%ef%bc%88%e6%8e%a8%e8%96%a6%ef%bc%9a%e7%9c%8c%e7%9f%a5%e4%ba%8b%e8%b3%9e%ef%bc%89%e5%a4%9c%e7%a5%ad%e3%81%ae%e8%8f%af

世界が認めた師走の夜祭

埼玉県、秩父神社で300余年続く例大祭「秩父夜祭」が12月2日・3日に開催されます。そしてその前日である本日2016年12月1日、「秩父祭の屋台行事と神楽」を含む『山・鉾・屋台行事』33件が、ユネスコ無形文化遺産に登録されました!

「秩父夜祭」は、京都祇園祭、飛騨高山祭と共に日本三大曳山祭の1つに数えられ、毎年多くの観光客が訪れる秩父市の師走名物。極彩色の彫刻や金糸をあしらった後幕の刺繍など豪華絢爛な笠鉾・屋台が、力強くまちなかを巡ります。

江戸時代の寛文年間(1661年~1672年)にはすでに祭りが存在していたという記録が残っており、江戸の頃には祭りとともに秩父絹の市が立って秩父の経済を大いに潤したそうです。そのために別名をお蚕(かいこ)祭りとも。今は絹市こそ立ちませんが、今日に至るまでの300余年、人々が1年を締めくくる風物詩として大切に守ってきた伝統あるお祭りです。

お祭り当日は笠鉾2基と屋台4基の山車が勇壮な屋台囃子を打ち鳴らし、まちなかを曳き回されます。その夜空には大輪の花火。屋台両袖に舞台を特設して行われる屋台芝居(秩父歌舞伎)や地元の花柳一門と杵屋一門による曳き踊りは、秩父神社神楽とともに「秩父祭の屋台行事と神楽」として国指定重要無形民俗文化財に、そしてこの度ユネスコ無形文化遺産にも登録されました。

はるか江戸時代より守り生かされ、世界が認めた有形無形の文化と技術の粋を肌で感じに、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

神楽

神楽

夜のギリ廻し

夜のギリ廻し

夜祭 最高潮の瞬間

夜祭 最高潮の瞬間

■行事名 秩父夜祭(ちちぶよまつり)
■開催期間 12月2日(金)~12月3日(土)
■会場 秩父市内各所 *詳細は下記公式ウェブサイトをご確認ください
■公式ウェブサイト http://navi.city.chichibu.lg.jp/p_festival/1030/
■お問い合わせ 秩父まつり対策本部 0494-25-5209
         秩父夜祭観光祭実行委員会 0494-21-2277


*当日は大変な混雑が予想されます。曳行のルートや交通規制など、あらかじめ公式ウェブサイトなどで詳細をご確認の上ご参加ください。

タグ:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る